Non Mihi, Non Tibi, Sed Nobis
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
お知らせ: 更新を停止します。 01:50
442AB87A-E0B9-40C6-9357-0B982945CC3A

突然ですが、諸事情により更新を停止します。一時的かもしれませんし、永久的にかもしれません。更新しないからと言ってブログを削除するのもあれなので放置します。最後の記念として iPad で初音ミクを描きました。

ご購読ありがとうございました。
| 雑記 |
Linux Mint 19: ファイルやフォルダーをタグで管理「Tagstoo」 01:50
アイキャッチ

Tagstoo とは


Tagstoo はファイルやフォルダーをタグで管理するためのファイラーです。Windows、Linux、macOS X に対応しています。

ファイルやフォルダーをタグ付けするという考えは新しいものではありません。他には TagSpaces なんかもありますが、Tagstoo は比較的カラフルなインターフェイスです。

主な特徴:
  • 数種類ある形のタグを D&D で簡単タグ付け
  • インストール不要
  • データーベースのエキスポート/インポート
  • 詳細なタグ検索
  • ビューモード
  • マルチメディアプレビュー機能
  • 画像ビューアーと統合
  • カラフルモードとグレースケールモードの切り替え可能


インストール

AppImage

https://tagstoo.sourceforge.io/download.html からダウンロードできます。

使い方


ダウンロードした AppImage ファイルを右クリックし、メニューから [ プロパティ ] -> [ パーミッション ] -> [ プログラムとして実行 ] にチェックを入れます:
範囲を選択_072

ダブルクリックして起動します。言語に日本語は選べません。初回起動時、新規データベースを作成する必要が有ります:
範囲を選択_073

[ Launch! ] をクリックすればこのようなウィンドウが表示されます:
範囲を選択_074

まずは最初から登録されているタグを編集するか削除します。ここでは編集することにします。下部の [ Edit/Remove Tag ] をクリックし、編集したいタグを選び、タグの文字を入力し、[ Save edited tag! ] をクリックします:
範囲を選択_075

タグは D&D で、ファイルやディレクトリに付与できます:
範囲を選択_076

付与したタグを削除したい場合、[ Tag eraser ] アイコンをクリックして ON になった状態で削除したいタグをクリックしていきます:
範囲を選択_081

上部の [ Viewmode ] のスライドを左右に動かせば、アイコンや中身が表示される表示に変わり、右にスライドするにつれてアイコンは大きくなります:
範囲を選択_077

このファイラーは直接動画を再生できたり、組み込みの画像ビューアで画像を開いたり出来ます:
範囲を選択_078

タグで検索する場合は、[ SEARCH ] タブをクリックし、条件にタグを D&D していきます。[ Selct to search from ] で検索するディレクトリを指定し、[ Inside folder that have ] で探すフォルダーにつけたタグを指定し、[ Search for ] ではファイルのみなのかフォルダーのみなのか、その両方なのかを指定し、[ That have ] では検索したいタグを、[ That don't have] では除外するタグを指定します:
範囲を選択_080

ファイルやディレクトリを削除する以外の操作は、おおむね [ UNDO ] で元に戻せます:
範囲を選択_083

ファイルを1枚以上選びたい場合は、マウスの右クリックを使います。上部に [ PASTE ] ボタン、[ DELETE ] ボタンがあるので、ファイルを選んだらファイルやフォルダーの移動や削除が出来ます。[ ○COPY ] はクリックすると [ ○CUT ] に切り替わります。つまり、[ PASTE ] とした時に、元のファイルやフォルダーを残するのか消すのかをスイッチすることができるわけです:
範囲を選択_085

ブックマークのようにすぐにアクセスしたいディレクトリがある場合は、そのディレクトリを開いた状態で [ Add Fast Access ] をクリックするとリストに登録されすぐにアクセスできるようになります:
範囲を選択_084

ディレクトリの中に入りたいときは、入れるまでマウスの左ボタンを長押しします:


これ以上に説明がほしい場合は公式のヘルプを参照して下さい。

参考元: gHacks Tech News
| Linux |
Linux Mint 18.3 Cinnamon: パネルを透明化する拡張機能「Transparent Panels」 01:49
アイキャッチ

初期状態では、Cinnamon デスクトップ環境においてシステムパネルは黒く、不透明です。パネルの設定からは Xfce のようなパネルの透明度に関する設定は出来ません。しかし、Cinnamon デスクトップ環境に関しては、Cinnamon-spices 拡張機能サイトに Cinnamon デスクトップ環境を変化させる可能性を秘めた拡張機能がたくさんあります。このサイトにアクセスすれば、最も人気のある拡張機能は(執筆時で) Transparent Panels です。

Transparent Panels とは


Transparent Panels はパネルを透明化する Cinnamon 向けの拡張機能です。ただし、最大化されたウィンドウがあるときは透明になりません。

インストール


Cinnamon の拡張機能をインストールするのにこのサイトをおとずれる必要はありません。ミントメニューから [ システム設定 ] を起動し、[ Download ] -> 検索バーに「Transparent panels」と入力し下矢印のアイコンをクリックしてダウンロードします:
範囲を選択_072

[ Manage ] タブで [ Transparent panels ] が選択されていることを確認し、[ + ] をクリックすれば即座に反映されます:
範囲を選択_075

使い方


デフォルトでは、影付き(With shadow)です:
範囲を選択_073

しかし、半透明化(Semi transparent)や
範囲を選択_074

完全に透明(Fullly transparent)にすることもできます:
範囲を選択_071

この操作はギアアイコンをクリックして表示される画面から出来ます:
範囲を選択_072

参考元: mintguide.org
| Linux |
自作 PC: Linux Mint マシンにグラボ(GTX1060)を取り付けてベンチマークした話 01:55
アイキャッチ

高い GPU 性能を必要とするゲームをプレイしようと思ったり、マルチディスプレイを実現したい場合、専用のグラフィックカードは必須と言えます。グラボを後から取り付けるのは比較的簡単で、電源を切ってコンセントを抜いた後、ケースを開けてマザーボードの PCIe スロットにグラボを取り付けて、ドライバーをインストールすればいいだけです。マザーボードにはたいてい PCIe の文字が刻まれているのでどこに取り付けるべきかは明白でしょう。基本的にグラボは PCI Express 3.0 x16 に取り付けます。

違うポート・スロットにはまらないようになっているので、パソコンのパーツを取り付けることは難しくはありません。PCIe スロットには小さなロックレバーが両端(あるいは片側)に付いており、押せばロックレバーが開きます。小さな切り欠きがレバーの下にフィットするようにカードを微妙に傾けながら取り付ける必要があるかもしれません。

STEP1 グラボの購入


今回取り付けた「GV-N1060WF2OC-6GD」は TSUKUMO で購入しました。RTX2000 が発表される前に購入したものを放置していたものです。今なら 2000 シリーズを待つか、2000 シリーズが出てから 1000 シリーズが型落ちになるのを狙ったほうが良いでしょう:
範囲を選択_028

STEP2 グラボの取り付け


  1. まずは、グラボを取り付けるつもりの PCIe スロットの横のケースのスロットカバーを外します。スクリュードライバを使用してネジを外します。ただし、ネジは無くさないようにして下さい:
    DSCF7642

  2. 端子を保護するカバーキャップを外します:
    DSCF7643

  3. PCIeスロットにグラボを差し込みます。外したネジを使って、グラボを所定の位置に固定します:
    DSCF7649

  4. 特に高性能なグラボは、電源ユニット(PSU)に接続する必要があるため、6 ピンもしくは 8 ピンのソケットある場合は忘れずに接続します:
    DSCF7650

  5. ケースを閉じて、グラボとモニターを接続し、コンセントを接続し、電源を入れ、パソコンを起動します。デスクトップ画面が表示されると解像度がおかしくなっていると思います。ドライバーをインストールしましょう:
    ワークスペース 1_082

    APT

    sudo add-apt-repository -y ppa:graphics-drivers/ppa && sudo apt update && sudo apt install -y nvidia-settings nvidia-390

  6. 再起動したら勝手に解像度が適切になっているはずです。

STEP3 ベンチマーク


ベンチマークテストには Heaven を使います。Heaven benchmark | UNIGINE Benchmarks から run ファイルをダウンロードフォルダーにダウンロードし、ベンチマークツールをインストールするには端末から以下のようにします:
cd /ダウンロード
chmod +x Unigine_Heaven-4.0.run
sudo ./Unigine_Heaven-4.0.run

ベンチマークを行うには Unigine_Heaven-4.0 フォルダーに移り、heaven を実行します:
cd Unigine_Heaven-4.0
./heaven

画面が表示され、どのベンチマークテストを行いたいか尋ねてきます。GTX 1060 以上であれば [ Extreme ] で良いと思います。決まったら [ RUN ]:
範囲を選択_083

アニメーションが開始され、右上にフレームレートが表示されます。言うまでもなく、高いほうがなめらかです:
範囲を選択_084

ベンチマークを行うには左上の [ Benchmark ] をクリックすると開始します:
範囲を選択_086

放置していればスコアが出来ます。[ Save ] をクリックすればローカルに結果を html 形式で出力してくれます。保存が終わったら [ Close ] -> [ Quit ] で終了します。画質が Ultra で、平均 70 fps 以上出ているのでまあまあと言った感じですが、スコアがリーダーボードに載っている方と比べると低いのが気になりました:
範囲を選択_087

他の人が行ったスコアがここで見れます。GTX 1060 6GB だと、リーダーボードでは 2000 から 2700 の方が載っています:
範囲を選択_072

Pentium G4560 だったからそれがボトルネックになったのではないかと思うかもしれませんが、Intel Core i3-4160 が 2349 というスコアを出しています。Pentium G4560 は i3 泣かせと言われたこともあり、確かに i3-4160 ともそこまで大差をつけられている印象はないので、ボトルネックは多少あると思いますが、別の要因が関係していると思います:
範囲を選択_088

VirtualBox で別の OS を走らせていたのが原因かもしれません。とりあえずやってみたかっただけなので満足です。

参考元: TechRadar
Linux Mint 19 : KDE をインストールして KDE に変更する方法 01:44
アイキャッチ

Linux Mint には KDE エディションがありました。しかし Linux Mint 19 Tara からは、もう KDE エディションはありません。それでは、Linux Mint で KDE を使うことはもう出来ないのでしょうか。選択肢としては、Linux Mint 18.3 KDE を使うか、KDE Plasma 5 デスクトップ環境をインストールするか、2 つあります。

この記事では Linux Mint 19 Tara Cinnamon に KDE Plasma 5 デスクトップ環境をインストールしたあとで、軽いレビューしていきます。

KDE Plasma 5 デスクトップ環境をインストール


Linux Mint 19 Tara は Ubuntu 18.04 LTS Bionic Beaver をベースとしており、自身のパッケージリポジトリ以外に Ubuntu LTS の公式パッケージリポジトリも使っています。この公式リポジトリからインストールできます。Linux Mint 19 専用の KDE テーマは手に入りませんが、すくなくとも KDE 環境を構築することは可能です。

  1. 以下のコマンドを実行して KDE Plasma 5 をインストールします。大量のパッケージをインストールすることになるので時間に余裕があるときにしましょう:

    APT

    sudo apt update && sudo apt install kubuntu-desktop kde-plasma-desktop kde-config-screenlocker kscreen language-pack-kde-ja

  2. インストールが完了したら、早速 KDE を使ってみましょう。ミントメニューからログアウトします。次にスクリーンショットで示しているように、ログイン画面のユーザー名の横のアイコンをクリックします:
    k8
  3. [ プラズマ ] を選択し、パスワードを入力してログインします:
    k9
  4. これで KDE を楽しむことが出来ます:
    デスクトップ 1_004
  5. バージョンは画像の通りです:
    範囲を選択_005

KDE Plasma 5 デスクトップアプリ


Kubuntu 18.04 LTS と同様に KDE Plasma 5 のデフォルトのアプリが入っています。Linux Mint 19 Tara のアプリやテーマは KDE 環境でも使えます。ちゃんと動くか確かめていきましょう。

Konsole


KDE の端末アプリ「Konsole」はスクリーンショットで示す通り問題なく動作します:
範囲を選択_006

Dolphin ファイルマネージャー


Dolphin ファイルマネージャーも同様です:
範囲を選択_007

Linux Mint 19 の壁紙


Linux Mint 19 の壁紙も利用できます:
範囲を選択_008

アイコンテーマ


Linux Mint 19 のアイコンも KDE で利用できます:
範囲を選択_009

ワークスペーステーマ


テーマも簡単に変更できます:
範囲を選択_015
範囲を選択_016

Timeshift や Redshift


Timeshift や Redshift もちゃんと動きます:
範囲を選択_010

締めの言葉


Linux Mint 19 Tara には KDE エディションがなくても Ubuntu 18.04 LTS のパッケージリポジトリから KDE をインストールすれば問題なく、KDE のデフォルトのアプリや Linux Mint の Redshift や Timeshift も動作することがわかりました。

Linux Mint 19 Tara に KDE をインストールして使うことは十分安定で、実用的だと思われます。

参考元: Linux Hint
| Linux |
Linux Mint 19 : 「Minecraft」のインストール方法 00:48
アイキャッチ

Minecraft とは


Minecraft は世界で人気のあるゲームの一つです。プレイが複雑ではなく、オープンエンドで、プレイヤーは好きなことができるため子供にも大人にも人気です。舞台となる広大な世界を自由に歩きまわり、ものを作ったり、農業をしたり、戦ったりできます。ストーリーモードも存在します。多くのゲームと違って Minecraft は Linux にも対応しています。このゲームが好きで Windows あるいは macOS X から移行をしてきたのであれば、インストール方法が知りたいはずです。

前置き


そもそも「ソフトウェアの管理(mintInstall)」からインストールできるじゃないかと思うかもしれません。試したところ概ねこんなエラーが表示され起動できませんでした:
636659730138312895
そこで別ルートでインストールを試みることにします。

インストール


  1. Minecraft をプレイする前にユーザーアカウントを作成する必要が有ります。無料ではないため、お金(3000円)を払う必要も有ります。まずは公式サイトにアクセスしアカウントを作成しましょう。お金を払わずにデモ版を楽しむことも出来ます。この場合、お金を払うステップの手前まで行っておきます。

  2. 続いて、ここから Minecraft のインストーラーをゲットします。他のバージョンの Minecraft はダウンロードしないようにして下さい。Java エディションのみが Linux で動作すると確認されている唯一のリリースです。Mojang 社自身も java エディションは Linux ユーザーがゲームをプレイできるようにメンテナンスされていると言っています:
    範囲を選択_030

  3. ダウンロードしている間に Oracle Java 10 をインストールしておきましょう。以下の記事で説明しています:

    オープンソースの Open JRE よりは Oracle 社の JRE を使って欲しいと Mojang 社は言っています。

  4. Java のインストールが終わったら、ダウンロードした Minecraft.deb をダブルクリックしてインストーラーを開始します。

  5. インストールが終わったら、ミントメニューより起動すると、自分は購入していないためこんな画面が表示されます。[ デモ版をプレイ ] をクリック:
    範囲を選択_012

  6. 追加ダウンロードが始まります:
    範囲を選択_013

  7. タイトルに「Java Edition」とあるので Java エディションが動いていることがわかります。[ Play Demo World ]:
    範囲を選択_014

  8. プレイできる状態になりました:
    Screenshot from 2018-08-12 11-04-32

他のインストール方法


Minecraft は Snap パッケージでも配布されており、更に非公式 PPA も存在します:

Snap

sudo apt install snapd -y && sudo snap install minecraft

APT

sudo add-apt-repository ppa:flexiondotorg/minecraft && sudo apt update && sudo apt install -y minecraft-installer

操作方法


W
A
S
D
: 歩きまわる
スペース
: ジャンプ
Ctrl
を押しながら歩きまわる: 加速
Shift
を押しながら歩きまわる: スニーク
E
: インベントリ
ESC
: ゲームメニューを開く
1
9
: アイテムの選択
マウス: 視線を動かす
左マウスボタン: 攻撃(迎撃、資源の収穫)
右マウスボタン: アイテム使用、(作業台に対して)開く
F11
: 全画面表示/ウィンドウモードの切り替え

Minecraft を模したオープンソースのゲームが多数存在しています。お金を払いたくない方はオープンソースのものを試しみるといいかもしれません。過去にこんなゲームを紹介しています:

参考元: Linux Hint
| Linux |
| 1/109 | >>

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle.
Since 2009.
Info 更新日はストップしました。

roadtoapython

roadtorubyist

git