Windows7 終了のお知らせ(´;ω;`)ブワッ
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
LMDE 3 : Ubunu の PPA を追加・利用する方法。でも成功することは稀。 02:39


Ubuntu(ひいては Linux Mint) は Debian の Unstable ブランチをベースに作られているため、根底にあるテクノロジーは同じものを利用しています。Ubuntu(ひいては Linux Mint)は Debian の派生ではあっても、Debian ユーザーは PPA を利用することは容易ではありません。それは PPA は Ubuntu に特有のテクノロジーだからです。Launchpad と相互に連携するためには特殊なソフトが必要です。加えて、Ubuntu は Debian の Unstable をベースに作られているため、Debian ユーザーのほとんどが PPA が求める最新のパッケージを持てません。そもそも Debian では Ubuntu の PPA が使えるようになっていません。

ならば Debian(LMDE) ユーザーはどうしたらいいのでしょうか。それは Debian(LMDE) の開発メンバーが考えることで、とりあえず Launchpad の PPA からパッケージやパッケージのソースを取得し自分のシステムにインストールを試みたり、自分のシステム向けにリビルドする方法をシェアしたいと思いますが、殆どのケースにおいてうまく行かないことを先述べておきます。

ソフトウェアソースのバックアップ


PPA を追加するには、/etc/apt/sources.list に変更を加えます。変更を加えた際不具合が起きた時に元に戻すために、このファイルのバックアップをとります。
Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します:
sudo cp /etc/apt/sources.list /etc/apt/sources.list.bak
元に戻すには以下を実行します(rm コマンドを使っています。打ち間違いには気をつけます):
sudo rm /etc/apt/sources.list && sudo cp /etc/apt/sources.list.back /etc/apt/sources.list && sudo apt update

パッケージを取得しインストールを試みる


まず自分の LMDE がどのバージョンの Debian ベースなのかを調べます。以下のコマンドを使用します:
cat /etc/*release
出力例:

これで LMDE 3 Cindy は Debian 9 Stretch をベースにしていることがわかります。Stretch ベースならインストールするパッケージは Ubuntu 16.04 Xenial のものが良さそうです。というのも、Xenial 〜 Artful は Stretch ベースだからです。さらに Xenial は LTS なためサポートするパッケージも多いのです。

Launchpad でインストールしたいパッケージを選びます。今回は「kid3」にしました。因みに PPA を追加する前の状況でインストールできるバージョンは 3.4.4-1 です:

「Technical details about this PPA」をクリックし、[ Choose your Ubuntu version ] を [ Xenial ] に変えます。そしたら画像で示した部分をクリップボードにコピーします:

コピーした文字列を /etc/apt/sources.list に追記します:
xed admin:///etc/apt/sources.list

保存したらパッケージリストを更新します:
sudo apt update
以下のようなエラーが出ます。大事な部分は「NO_PUBKEY」の隣の文字列です。この文字列をコピーします:

「NO_PUBKEY」の隣の文字列の部分は上でコピーした文字列に置き換えてから実行して下さい:
sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 「NO_PUBKEY」の隣の文字列
これで再びパッケージリストを更新します:
sudo apt update
インストールできるバージョンとして kid3 は 3.4.4-1 から 3.8.1-0 に変わっています:

インストールを試みてみましょう:
sudo apt install kid3 kid3-core
以下のようなエラーが出ます:

そうです。依存関係の問題です。この依存関係もしかしたらココに表示されているのだけ解決すればそれで終わりなのならなんとかなるんじゃない?と思った方もいるかも知れません。しかし得てして依存関係のパッケージもまた何かに依存しているものです。

パッケージのソースを取得しリビルドしてみる


リビルドを試みる前に、当然ビルドツールが必要です。以下のパッケージをインストールしておきます:
sudo apt install -y build-essential devscripts
もちろん、依存関係はこれで充分ではありません。しかしそれは後ほどわかることです。さて、ソースを追記します。今度は「cool-retro-term」のインストールを試みます。エディターを立ち上げ:
xed admin:///etc/apt/sources.list
以下のソース(deb-src だけで OK)を /etc/apt/sources.list に追記します:
deb-src http://ppa.launchpad.net/bugs-launchpad-net-falkensweb/cool-retro-term/ubuntu xenial main 

公開鍵も追加しておきます:
sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys AE35216F422A42898E567E96E958E2005A4A14B5
パッケージソースを更新します:
sudo apt update
ビルドを試みます:
sudo apt source -t xenial --build cool-retro-term
するとやはり依存関係でエラーが起こしてしまいます:

単純にリストされたパッケージを apt install の後に並べて実行しても見つからないパッケージが出てきてストップしてしまいます。

おとなしくバックポートを利用する


LMDE を使って標準リポジトリのパッケージではいささか古くて嫌な場合はバックポートを使う手があります。LMDE が Stretch ベースなら以下のようにします。エディター(nano がオススメ)を立ち上げて:
sudo apt edit-sources
以下を貼り付けます。
deb http://ftp.debian.org/debian stretch-backports main contrib non-free
deb-src http://ftp.debian.org/debian stretch-backports main contrib non-free

Nano エディターの場合は
Ctrl
+
O
で保存、
Ctrl
+
X
でエディターの終了です。
バックポートからインストールするには以下のように -t フラグを使って指定してあげる必要が有ります:
sudo apt install -t stretch-backports libreoffice

結論


LMDE で PPA を利用しようとすると追加はうまく行っても、インストール過程でパッケージの依存関係の問題が解決できません。リビルドにおいてもそうです。依存関係のエラーを解決できる、あるいは依存関係のエラーが全く出ない場合に利用できそうです。しかし、パッケージのインストールを PPA に依存している方はおとなしく Ubuntu ベースの Linux Mint を使うべきというつまらない結論となっていしまいました。

参考元: addictivetips, LinuxConfig.org, Make Tech Easier
| Linux |
Linux Mint 19.x Cinnamon : マウスホイールでの音量調節を 5% ずつから 1% ずつに変更する方法 01:19

Cinnamon デスクトップではシステムトレイの音符アイコンをクリックして表示される音量調節バーをマウスホイールで操作することが出来ますが、デフォルトでは 5% ずつ増減します。5% では多かったり、少なかったりする場合は、このアプレットの Javascript スクリプトを直接編集することで調節します(もっとも、デフォルトで [ サウンドの設定 ] から 1% ずつ増減させることは出来ます)。

まずはこのスクリプトをテキストエディタで開きましょう。
Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行します:
pkexec env DISPLAY=$DISPLAY XAUTHORITY=$XAUTHORITY xed /usr/share/cinnamon/applets/sound@cinnamon.org/applet.js

定数 VOLUME ADJUSTMENT STEP の行を探し出し、値を 0.01(1%) から 1(100%) の間で調節しましょう。1% ずつ増減したい場合は値を 0.01 に変更します。変更したら保存します:

最後に Cinnamon を再起動しましょう。
Alt
+
F2
を押して実行ダイアログを表示させた後、
r
とだけ入力し
Enter
を押します。これで変更が反映されているはずです:
| Linux |
Linux Mint 19.x : インターフェイスがクリーンなダウンローダー「Motrix」 00:01

Motrix とは


Motrix は HTTP, FTP, BitTorrent, マグネットリンク, Baidu Net Disk などに対応した高速なダウンロードを可能にする、マルチプラットフォームに対応したダウンロードマネージャーです。極めてクリーンで使いやすいインターフェイスが特徴的です。

インストール


github.com/agalwood/Motrix/releases にて AppImage 形式と deb パッケージ形式と snap 形式のものが公開されています。好きな方をダウンロードして下さい。執筆時時点では Motrix-1.4.1 が最新版です。
Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。

AppImage

ダウンロードした AppImage ファイルに実行権限を与えることを忘れないで下さい。初回は端末から起動して下さい。端末から起動することでメニューに表示されるように成ります:
wget https://github.com/agalwood/Motrix/releases/download/v1.4.1/Motrix-1.4.1-x86_64.AppImage && chmod a+x Motrix-*.AppImage && ./Motrix-*.AppImage

Deb

deb パッケージをダウンロードしインストールします:
wget https://github.com/agalwood/Motrix/releases/download/v1.4.1/Motrix_1.4.1_amd64.deb && sudo dpkg -i Motrix_*.deb

Snap

Snap 形式のものをインストールする際は --dangerous フラグをつけることを忘れないで下さい。Snap Store に公開されるまではこのフラグをつける必要が有ります:
sudo apt install -y snapd && wget https://github.com/agalwood/Motrix/releases/download/v1.4.1/Motrix_1.4.1_amd64.snap && sudo snap install --dangerous Motrix_1.4.1_amd64.snap

使い方


まずは設定画面からテーマや起動時の挙動、保存先などを指定しておきます:

ブラウザーでダウンロードしたいファイルの URL をクリップボードにコピーしたら、Motrix の [ + ] アイコンをクリックします。クリップボードにコピーしてある URL は入力された状態で表示されるので、問題なければ [ 確認 ] をクリックします:

するとダウンロードが始まります:

ダウンロード中にウィンドウを閉じても構いません。ウィンドウが閉じてもバックグラウンドで動作し続けます。また、Motrix のアイコンがタスクバーに表示されており、ダウンロード中はこのアイコンの右上に緑色の丸印がつきます。このアイコンをクリックして表示されるメニューの [ Show Motrix ] からウィンドウを再表示できます:

ダウンロードが完了すれば通知してくれます:

Motrix は Torrent クライアントとしても使用できます。torrent ファイルをゲットしたら [ + ] -> [ torrentタスク ] に D&D します:

マグネットリンクもブラウザーで踏めば、Motrix で開けます。また、中身が複数あれば、ダウンロードしたいファイルを指定することが出来ます:

[ 一時停止中 ] にはダウンロードが完了したものも含まれるようです。そこに一覧されるダウンロードの右上のメニューから保存先を開いたり、URL を再度クリップボードにコピーしたりなどが出来ます:


参考元: addictivetips
| Linux |
Linux Mint 19.x Xfce : 瞬時に Windows 10 風テーマに切り替え 「Kali Undercover」 00:18

Kali Undercover とは


Xfce デスクトップ環境の外観を Windows 10 に瞬時に変更できるツールです。コレをインストールするとメニューに「Kali Undercover Mode」という項目が現れます。この項目をクリックすることですぐにレイアウトを Windows 10 風にすることが出来ます。もう一度クリックすると元に戻ります。

このツールは、Kali Linux でハッカー的なことを公然でやる場合に、何をやっているだろうと周りから不思議がれないように Windows にカモフラージュするために作られています。従って、「Undercover Mode(内密モード)」と名が付けられているのでしょう。Xfce をデスクトップ環境として利用していれば、たいてい利用できるはずです。

Kali Undercover の構成:
  • B00merang-Project の Windows 10 テーマ
  • Windows 10 に似せて作成されたアイコンテーマ
  • 壁紙
  • スクリプト一式(Bash と Python スクリプト)
  • カスタマイズされた Xfce パネルプロファイル
  • カスタマイズされた Whisker メニューの設定
切り替えた瞬間を動画に撮りました:

インストール


Kali Linux は Debian ベースなため、Linux Mint 含め、Debian ベースの Linux にインストールするのは簡単です。Index of /kali/pool/main/k/kali-undercover/ にアクセスし、Deb パッケージをダウンロードして下さい。執筆時点では「kali-undercover_2020.1.0_all.deb」が最新版のようです。

使い方


メニューより ON にします:


端末からも ON/OFF できます:
kali-undercover
なので、ホットキーを割り当てれば、本当に瞬時にテーマの切り替えが出来ます。

参考元: Linux Uprising Blog
| Linux |
雑記: Peach(LCC)で成田⇔福岡間を初めて行き来した話 00:16

年末年始に成田⇔福岡間を行き来しました。今後も利用する可能性があるため、自分のために記事に起こして備忘録とします。

Peach。君に決めた。


飛行機の予約は 1 ヶ月以上前からしていたほうが得策です。理由は 2 つ。1 つは、価格が安いから。もう 1 つは窓際の席がとれるからです。また、LCC は Peach に限らず色々有ります。価格比較サイトも存在するので Peach に決める前にどの LCC にするか比較サイトを頼ってもいいでしょう。一つ例を上げればこんなのが有ります:

では、Peach に決めた前提で以下進めていきます:

さて、Peach で予約する際の注意点として:
  1. 機内に持ち込んで良い手荷物は 2 つまで、かつ合計 7.0kg まで。
  2. 一番安いシンプルピーチは受託手荷物や事前座席指定が不可。荷物がバックパック一つだけで、乗ってる最中は寝てるから窓際じゃなくても良い人向け。
  3. オススメはバリューピーチでプレジャーシートを予約。
  4. バリューピーチでは予約の取消手続きに手数料1,100円がかかる。取消手数料を差し引いた金額を、ピーチポイントにて払い戻しされる。
  5. プライムピーチは荷物多めの人向け。あるいは足を前に伸ばしたい人向け。
  6. Peach では ANA などの非 LCC と違い、ドリンクが無料で配られない。

予約が終わった後、旅程表を印刷するページを開くことが出来ます。プリンターを持っていれば印刷し、持っていなければ PDF として出力しておいてネットプリントなどを利用すると良いと思います。内容については入力したメールアドレスにも送信されるので印刷しなくてもいいですが、しておくと安心です。なお、この旅程表に載っている QR コードは空港に到着した際、自動チェックイン機で搭乗券を発券する際に必要です:

ココに書いてある情報だけでは実際どこの搭乗口に行けばいいかはわかりません。それは当日電光掲示板を見るか、搭乗券を発券すれば分かります。

成田空港までの道のり


まず最寄りの駅から成田空港までを「Yahoo!乗換案内」などで検索します。これはスマホアプリもウェブ版もあるので好きな方を使うといいでしょう:

Peach は成田空港第 3 ターミナルを利用している(執筆時点)ので、降りるべき駅は「空港第2ビル駅」です。なので最寄りの駅から「空港第2ビル駅」までの行き方を「Yahoo!乗換案内」などで調べます。

なお、成田までは大きく分けて、JR 線と京成線があります:

乗り継ぎにあたっては、都会ほど案内は充実しているので迷うことはさほど心配しなくていいと思います:


自分は「京成アクセス特急」を利用したのですが、「スカイライナー」という座席指定有料列車も同じ線路を走っているので注意して下さい。追加で料金を払いたくない場合はスカイライナー以外に乗って下さい。

「空港第2ビル駅」から「成田空港第 2 ターミナル」までは近いですが、「成田空港第 3 ターミナル」までは距離が有ります。600m ちょっとくらい。シャトルバスで行くか、徒歩で行くか選べます:


成田空港に着いたら


  1. 搭乗の 30 分以上前に、2F で自動チェックイン機で発券する(時間制限付き)。多少待ちます。
  2. キャリアケースなどを預けたい場合は預かってもらう。待ち時間長い。
  3. 搭乗の 25 分以上前に保安検査を通る。待ち時間が結構長い。
  4. 搭乗券に何番の搭乗口乗ればいいか書いてあるので、それを見て、搭乗の 20 分前には搭乗口に待機しておく:

私の流儀


個人的には、ペットボトルも保安検査対象になるため保安検査を通過してからペットボトルは買っています。荷物を多く持つと、土産を沢山買ったら 7.0kg を超すことも考えられるため、タブレットやスマホとその充電器程度をバックパックに入れて、下着は現地調達で、下着以外は同じのを着続ける感じで良いかなと思っています。受託手荷物を預けるのも時間を要するため、キャリアケースなどは持ち運びしません。お土産なども多いのなら宅配便を利用するのも有りかと思います。21A 席を取れば、真横に窓があるので景色が見やすいです。少し前方に窓があるくらいがちょうどいいなら 22A 席が良いと感じました。

Have a nice flight:
| 雑記 |
オススメの Linux を提案してくれるサイト「Distro Chooser」[修正再up] 00:10

Disto Chooser とは


Linux Distribution Chooser はいくつかの質問事項に答えていって、あなたに適した Linux ディストロを提案してくれるサイトです。ベータ版の方はこちらから。

使い方


英語ですが、簡単な英語です。いくつかの質問に答えていくと、どの Linux が妥当か表示してくれます:

が多いほどあなたに適しています:

どの質問事項に当てはまっているかはクリックして見ることが出来ます:
| 1/108 | >>

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle with anime girls since 2009.Best View with Google Chrome 1980x1080 dimension.
Info 更新は不定期です。

script

LinuxMint ISO 日本ミラーサーバー:




Amazon: