冷たい太陽、明るい闇、熱い氷。矛盾に葛藤、そんな人生。
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Linux Mint Tips : 公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした 00:04

apt update を実行したときに、公開鍵が見つからないと言うエラーが表示されることが有ります。これはリポジトリを追加した際に公開鍵を追加し忘れたときや、公開鍵をインポートしているときにサーバー側に一時的に障害が起きたときに起こりえます。

apt update を実行している時や、GUI ツールを使ってソフトウェアソースを更新しようとする時に、apt は全てのリポジトリのインデックスをダウンロード出来なかった旨を表示します。こんな感じに:
W: 署名照合中にエラーが発生しました。リポジトリは更新されず、過去のインデックスファイルが使われます。GPG エラー: http://ppa.launchpad.net/linuxuprising/apps/ubuntu bionic InRelease: 公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY EA8CACC073C3DB2A
W: http://ppa.launchpad.net/linuxuprising/apps/ubuntu/dists/bionic/InRelease の取得に失敗しました 公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY EA8CACC073C3DB2A
W: いくつかのインデックスファイルのダウンロードに失敗しました。これらは無視されるか、古いものが代わりに使われます。

これはほんの一例に過ぎません。このエラーは Launchppad の PPA 以外でも起こり得ることです。このエラーメッセージが言わんとしていることはそのリポジトリから更新を取得できないため、公開鍵をインポートしてほしいということです。

この
公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY ...
エラーを解決する方法を見ていきます。

方法1: 見当たらない公開鍵がたったひとつの時


見当たらない公開鍵がたったひとつだけであれば、以下のようなコマンドを実行します。この際、THE_MISSING_KEY_HERENO_PUBKEY の後に表示される文字列に置き換えて下さい。上の例であれば EA8CACC073C3DB2A が、それです:
sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys THE_MISSING_KEY_HEREあるいはsudo apt-key adv --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net:80 --recv-keys THE_MISSING_KEY_HERE
試しに Opera のリポジトリを追加する際、公開鍵をインポートせずにやってみます:
sudo add-apt-repository "deb [arch=i386,amd64] https://deb.opera.com/opera-stable/ stable non-free" && sudo apt update
すると以下のようにエラーが表示されるので:


NO_PUBKEY の後の文字列を使って公開鍵をインポートしたいと思います:
sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys D615560BA5C7FF72

すると、Opera がインストールできるようになりました:


Opera の公開鍵は、本来であれば以下のようにインポートしますが:
wget -qO- https://deb.opera.com/archive.key | sudo apt-key add -
上述のやり方でもできることは知っておいて損はないでしょう。

方法2: 見当たらない公開鍵が複数ある時


複数ある場合は以下のワンライナーで手際よく片付けてしまいましょう:
sudo apt update 2>&1 1>/dev/null | sed -ne 's/.*NO_PUBKEY //p' | while read key; do if ! [[ ${keys[*]} =~ "$key" ]]; then sudo apt-key adv --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net:80 --recv-keys "$key"; keys+=("$key"); fi; done
このコマンドは変更する必要ありません。そのまま実行して下さい。もちろん、見当たらない公開鍵がひとつしか無い場合でも使えますが、少し冗長な感じがします。

sudo apt update の結果から見当たらない公開鍵を検出し、サーバーとして hkp://pool.sks-keyservers.net:80 を使って、それぞれの見当たらない公開鍵をインポートします。

hkp://pool.sks-keyservers.net ではうまくいかないこともあるので、そのときは keyserver.ubuntu.com に変えてみるなどして下さい。

参考元: Linux Uprising Blog
| Linux |
Linux Mint Tips : cal -h でカレンダーが表示されない件 01:08

対処


Conky などで cal -h を使ってカレンダーを表示していたりすると 18.x までは正常に動作していたのに対し、19.x ではうまく表示してくれないことに気づくかも知れません:


その場合は以下のコマンドを代わりに使ってみて下さい:
ncal -bh出力例:


18.3 から 19 の間に何らかの理由で奇妙な変更があったみたいです。

参考元: Linux Mint Forums
| Linux |
Linux Mint 19.x : 端末からネット回線の速度を測定「fast」「speedtest-cli」 07:23

今回はネット接続の速度をチェックするための2つのコマンドラインツールを紹介します。これらのツールを使えば ISP が謳っている速度を本当に提供しているかどうかをチェックできます。ネット回線の速度を測定するために、わざわざサイトにアクセスしなくても端末から測定できるようにしたいのであれば利用を検討してみて下さい。

fast


fast とは


Fast は端末から回線速度を測定できるシンプルなユーティリティで Go で書かれています。このツールは Netflix が提供する Fast.com を利用しており、マルチプラットフォームに対応しています。

fast.com は2016 年 5 月にリリースされ、Netflix の会員であるかどうかに関わらず、シンプルに使えてすぐに測定できることを目的に作られています。Netflix の独自のコンテンツ配信ネットワーク「Netflix Open Connect」という仕組みを使用しています。

ツール自体はとてもシンプルでオプションもありません。実行すれば fast.com の結果を返します。

インストール


バイナリを GitHub からゲットしましょう。64bit マシンであれば「fast_linux_amd64」を、32bit マシンであれば「fast_linux_386」をホームディレクトリにダウンロードして下さい。
Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行します:
sudo install fast_linux_amd64 /usr/local/bin/fast

使い方


端末から以下を実行するだけです:
fast

speedtest-cli


speedtest-cli とは


speedtest-cli は www.speedtest.net を使って速度を測定する Python 製コマンドラインツールです。fast.com とは異なりアップロード速度と ping 値も調べられます。

インストール


Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行します:
sudo apt install -y speedtest-cli

使い方


端末から以下を実行するだけです:
speedtest --simple


測定結果をシェアしたかったら以下を実行します。URL が返されるのでそれをシェアして下さい:
speedtest --share


参考元: Linux Uprising Blog
| Linux |
Linux Mint : 夏っぽい壁紙 [修正再up] 07:23
夏の足音が聞こえてくる今日この頃ですが、2009.06.23 に投稿したネタをぶり返してみます。昔は 1,024×768 の比率のモニターの Windows XP マシンに Linux Mint を入れていたため、縦に長さがある気がするのはそのためです。Linux Mint KDE 版ロゴをテキトーに挿入したもの。クリックして拡大です。Here we go!









| Linux |
Linux Mint 19.x : Windows ユーザーの中で人気のコードエディター「Notepad++」をインストール 11:05

テキストエディターの中でも Notepad++ ほど有名で愛されているものは数少ないでしょう。今回は Linux Mint 19.x に Notepad++ をインストールしていく方法を見ていきます。

Notepad++ とは


Notepad++ は Windows 向けに開発されている無料でオープンソースのコードエディターで、C++ で書かれています。非常に素晴らしいパフォーマンスと、ミニマムなアプリサイズが評判を得ていますが、Linux 向けのビルドはありません。

開発者の中でのこのエディターの人気が Notepad++ の Linux 向けクローン(例えば Notepadqq)の開発につながりました。Gedit や VS Code などが Linux でも使用できる中、多くの人たちは慣れ親しんだもの、すなわち Notepad++ を使いたがる傾向に有ります。

主な特徴:
  • タブ
  • シンタックスハイライト・折りたたみ
  • 文字列検索・置換
  • GUI が編集可能
  • 補完機能

インストール


今までも Notepad++ は Wine を使ってインストールし使用することは出来ていました。ただ、Wine を使うと他のライブラリのインストールや設定などが面倒です。ところが、Snap を利用すれば簡単にインストールできるようになりました。予め Wine をインストールしておく必要もありません。Snap パッケージの中に設定済みの Wine が同梱されているからです。
Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行します:

Snap

sudo apt install snapd snapd-xdg-open -y && sudo snap install notepad-plus-plus

使い方


簡単に説明します。まずは、日本語表示にすると良いと思います。[ Settings ] -> [ Preferences ] -> [ General ] -> [ localization ] -> [ 日本語 ]:


メニューバーの [ 言語 ] から今から書くプログラミング言語を選びます:


自動補完が最初から有効になっています:


左カラムに文章マップを表示したり:


関数リストを表示したり出来ます:


関数はたたむことも出来ます:


シンタックスハイライトの配色がいまいちだと感じたら [ 設定 ] -> [ スタイル設定 ] から編集できます:


ダークテーマが良いと思ったら [ テーマを選択 ] を [ Monokai ] に設定しましょう:


最後に、[ プラグイン ] -> [ プラグインの管理 ] からプラグインをインストールすることが出来ますが、インストールできるものとできないものがありました。

Happy coding!

参考元: OMG! Ubuntu!
| Linux |
Linux Mint : Linux Mint の壁紙 20 枚 00:07

Reddit.com を徘徊していると Linux Mint の壁紙をたくさん見つけたのでシェアしたいと思います。zip で一括ダウンロードしたい方は以下のボタンから:
zip でダウンロード

ギャラリー




おまけで Linux Mint たんを(こちらは zip には含まれていません):
Linux mint tan

参考元: reddit.com
| Linux |
Linux Mint 19.x: Linux 上で Windows インストールメディアを作成「WoeUSB」 04:18

WoeUSB とは


ISO イメージから Windows をインストールするための USB メモリーを作成できる Linux 向けのツールです。

無料かつオープンソースで、コマンドラインツールとしても GUI アプリとしても使用可能です。Windows 7 から 10 までなら Home エディションでも、Pro でも、PE でも対応しています。更に、UEFI ブートモードだけでなくレガシーモードにも対応しています。

実際のところ、GUI アプリからはあまり多くのオプションにアクセスできませんが、WoeUSB を使う際に、コマンドラインから使えば、様々なオプションを使うことが出来ます。

コマンドラインユーティリティでは、Linux から Windows ブータブル USB メモリーを作成する方法が 2 通りあります。USB メモリー全体を完全に消去して Windows ブータブル USB メモリーを最初から作成する「デバイスモード」と、Windows ファイルを USB メモリーの既存のパーティションにコピーしブータブルにする「パーティションモード」です。

コマンドラインユーティリティでは、新しく作成したファイルシステムのラベルを指定したり、ターゲットとなるファイルシステム(FAT / NTFS)を指定したりすることもできます。

インストール


ソースからビルドする方法も有りますが、野良 PPA からインストールするほうが手っ取り早いでしょう。
Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行します:
sudo add-apt-repository ppa:nilarimogard/webupd8 -y && sudo apt update && sudo apt install -y woeusb
PPA を追加するのが嫌な方は以下から deb パッケージを漁って下さい:

使い方


  1. Linux で WoeUSB を使って Windows 10、8.x、7 の起動 USB メモリーを作成するには、その USB メモリーをアンマウントすることから始めます。GParted を使うことでアンマウントできまが、まず [ ディスク ] をミントメニューから起動し、USB メモリーのデバイスファイル名を確認後:


  2. 、[ GParted ] を起動し、右上のドロップダウンメニューから該当のデバイスファイル名を選択し、アンマウントします:


  3. Windows 10、8.x、7 ISO を公式サイトよりダウンロードしたら、WoeUSB を起動し、[ Source ] 欄にダウンロードした ISO イメージを選択します:


  4. その後、[ Target device ] 欄でインストール先の USB メモリーを選びます。間違った USB メモリーにインストールしないように他の USB メモリーも挿さってある場合は抜いておくことをおすすめします:


  5. FAT32 では一つのファイルにつき 4GiB までという制限が有ります。この制限に引っかかる可能性をなくすために、ファイルシステムタイプとしては NTFS を選択して下さい:


  6. 最後に [ Install ] ボタンをクリックするだけで、インストールメディアの作成が始まります:

参考元: Linux Uprising Blog
| Linux |
Linux Mint 19.x : 動画ダウンローダー/コンバーター「ClipGrab」[ 修正再up ] 15:27

ClipGrab とは


ClipGrab とはネット上の動画サイトから動画をダウンロードし、ファイル形式も変換することができるツールです。このような動画サイトに対応しています:

*YouTube
*Xvideos
*Vimeo
*Dailymotion
*metacafe.com
*youku.com
*myspass.de
*myvideo.de
*clipfish.de

ただし、自動サイト認識機能により、非公式にこのような動画サイトにも対応しています:

*Collegehumor
*MyVideo
*MySpass
*Sevenload
*Tudou(試用中、対応を確認できませんでした)

サポートしているフォーマット:
  • MPEG4
  • MP3
  • WMV
  • OGG
  • オリジナル

インストール


Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行します:
sudo add-apt-repository -y ppa:clipgrab-team/ppa && sudo apt update && sudo apt install -y clipgrab

使い方


起動したら、保存先がデスクトップになっているので動画のある場所に変えた方がいいかもしれません:


YouTube 動画の検索機能がついています:


動画をクリックするとダウンロード画面に変わります:


ダウンロードできました:


他のサイトも可能です。フォーマットもいくつか対応しているのが分かります:


参考元: NoobsLabs
| Linux |
Linux Mint 19.x : Homebrew の Linux 版「Linuxbrew」をインストールする 10:25

Linuxbrew とは


Linuxbrew は maxOS X のパッケージマネージャーである Homebrew の Linux 版として開発されたクローンで、ホームディレクトリにアプリをインストールすることが出来ます。

主な特徴:
  • root 権限が必要のないホームディレクトリにパッケージをインストールできます。
  • サードパーティ製のアプリのインストールに対応しています。
  • ディストロの標準リポジトリで提供されているパッケージのバージョンが古い時、最新バージョンをインストールできます。
  • 更に、brew を使えば mac と Linux マシン両方ともパッケージ管理できます。
  • ただし、現段階ではラズベリーパイのような 32bit ARM 以外の 32bit マシンには対応していません。

インストール


Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行します:
sudo apt install -y build-essential curl file git && sh -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Linuxbrew/install/master/install.sh)"
以下の文言が表示されたら
Enter
を押して下さい:
Press RETURN to continue or any other key to abort

インストールが完了すると、PATH が通っていないと警告されると思います:
Warning: /home/linuxbrew/.linuxbrew/bin is not in your PATH.

export しておきましょう:
echo 'export PATH="/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin:/home/linuxbrew/.linuxbrew/sbin/:$PATH"' >>~/.bashrc
echo 'export MANPATH="/home/linuxbrew/.linuxbrew/share/man:$MANPATH"' >>~/.bashrc
echo 'export INFOPATH="/home/linuxbrew/.linuxbrew/share/info:$INFOPATH"' >>~/.bashrc

変更を反映します:
source ~/.bashrc
正しくインストールされたかどうかを確認するために以下のコマンドを実行してみましょう:
brew doctor
次のように表示されたら正しくインストールされ、正常に動いている証拠です:
our system is ready to brew.


使い方


例えば、gcc パッケージ(もしくは formulae)は以下のコマンドでインストールできます。最初に Homebrew や Formulae の自動更新が始まります:
brew install gcc
インストールされたパッケージ(もしくは formulae)を一覧表示するには以下を実行します:
brew list

パッケージ(もしくは formulae)をアンインストールしたい場合はこうします:
brew uninstall gcc
パッケージの検索は以下の構文でできます。インストールできる全てのパッケージをリストするには:
brew search
キーワードで検索したい場合はこちらです:
brew search --desc ここにキーワード
Linuxbrew 自体をアップデートするには、次のコマンドを実行します。この際、内部で Git コマンドを使って GitHub から最新版をダウンロードしています:
brew update
Linuxbrew をインストールして使ってみたけどいらないと思ったら以下を実行してアンインストールして下さい:
/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Linuxbrew/install/master/uninstall)"

Homebrew の独特な言葉について


Homebrew は「ユーザが自らパッケージをビルドして使用する」ことのメタファーで「ビールを自家醸造して保存する・飲む」ことを意味しています。そのため、独特なキーワードを用いるので下記で表にしておきます。
キーワード本来の意味たとえ
Brewビールを醸造するmake する
Homebrew自家醸造ユーザ自らがビルドする
Cellarセラー(ワインセラーのなどのセラー。ビール貯蔵庫)インストール(保存)先
Keg樽、醸成用make 材料
Formula調理法、手順ビルド方法・手順が書かれたスクリプト
パッケージ管理システム Homebrew - Qiita


参考元: tecmint
| Linux |
Linux Mint 19.x: 初心者のための Flatpak ガイド 00:10

前回、Snap について書きました。Snap は Canonical 社が Ubuntu のために導入した後、Arch、Gentoo、Fedora など、他のディストロにも採用されました。

Snap は必要とする全てのライブラリや依存関係を一緒にバンドルした単一のバイナリパッケージです。バージョンやアーキテクチャーに依らずどんなディストロにもインストールすることが出来ます。

Snap と似たようなものに、Red Hat 社が開発している Flatpak というツールも存在します。異なるディストロに応じたパッケージを作成し配布するのは、かなり時間を要し、プロセスも異なります。配布されるアプリは、それぞれディストロごとに異なるライブラリや依存関係を必要とします。しかし Flatpak はこの手間を減らしてくれます。たった一つのパッケージを作成すれば、様々なディストロにインストールできるのです。イケてませんか?

もっと重要なことに、Flatpak はサンドボックス化されており、OS や他のアプリからは隔離されています。また、同じシステムに同時に、同じアプリの異なるバージョンをインストールすることができます。例えば、VLC 3.0.4、3.0.5、3.0.6 を同じシステムにインストールできます。なので開発者は異なるバージョンを同時にテストできるので便利です。

インストール


Linux Mint 18.3 以降ではデフォルトでインストールされています。しかし、Linux Mint 18〜18.2 を使い続けたかったり、あるいは標準リポジトリに入っているものよりも新しいバージョンを使いたい場合は以下のコマンドを使って下さい。
Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行します:
sudo add-apt-repository ppa:alexlarsson/flatpak -y && sudo apt update && sudo apt install -y flatpak
Arch 系では標準リポジトリからインストールできます:
sudo pacman -S flatpak

使い方


追加


Flathub は flatpak アプリをユーザーが利用できるように公開している中央リポジトリです。有効にするために以下を実行します:
sudo flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo
これだけでも十分有名なアプリがインストールできますが、GNOME アプリもインストールしてみたい場合は、GNOME リポジトリも追加しましょう:
wget https://sdk.gnome.org/keys/gnome-sdk.gpg && sudo flatpak remote-add --gpg-import=gnome-sdk.gpg --if-not-exists gnome-apps https://sdk.gnome.org/repo-apps/
このリポジトリに含まれているアプリケーションは org.gnome.Platform ランタイムのバージョンが 3.20 以上である必要が有ります。追加しておきましょう:
sudo flatpak remote-add --gpg-import=gnome-sdk.gpg gnome https://sdk.gnome.org/repo/
GNOME アプリの nightly 版用リポジトリはこちらです:
wget https://sdk.gnome.org/nightly/keys/nightly.gpg && sudo flatpak remote-add --gpg-import=nightly.gpg --if-not-exists gnome-nightly-apps https://sdk.gnome.org/nightly/repo-apps/
このリポジトリに含まれているアプリケーションは org.gnome.Platform ランタイムの nightly 版が必要です。追加しておきましょう:
sudo flatpak remote-add --gpg-import=nightly.gpg gnome-nightly https://sdk.gnome.org/nightly/repo/

表示


追加済みのリモートリポジトリを一覧表示するには以下を実行します:
flatpak remotes
出力例:

追加したリポジトリの名前だけでなく、システム全体にインストールしたのか、ユーザー単位でインストールしているのかも表示されます。

削除


リモートリポジトリを削除したい時、例えば flathub というリモートリポジトリを削除したい場合は以下を実行します:
sudo flatpak remote-delete flathub

インストール


ここからは、flatpak アプリをインストールする方法を見ていきます。Flathub でめぼしいアプリを探します。例えば、Spotify をインストールする場合は以下を実行します:
sudo flatpak install flathub com.spotify.Client


[ Install ] ボタンを押してダウンロードできる flatpakref ファイルをダブルクリックすると「ソフトウェアの管理」が立ち上がるので、そこから [ インストール ] ボタンを押しても可能です:


GNOME stable リポジトリのアプリをインストールする場合は「stable」というバージョン名を使います。例えば「Evince」という PDF ビューアをインストールする場合はこうします:
sudo flatpak install gnome-apps org.gnome.Evince stable
GNOME nightly リポジトリのアプリをインストールする場合は「master」というバージョン名を使います。例えば Gedit をインストールする場合はこうします:
sudo flatpak install gnome-nightly-apps org.gnome.gedit master
システム全体にインストールしたくない場合はユーザーごとにインストールできます:
sudo flatpak install --user flathub com.spotify.Client
アプリは /var/lib/flatpak/app/ や $HOME/.var/app/ にインストールされます:
ls /var/lib/flatpak/app/
出力例:
com.spotify.Client  org.filezillaproject.Filezilla  org.gnome.Weather


アンインストール


com.spotify.Client をアンインストールしたいと思ったら次を実行します:
sudo flatpak uninstall com.spotify.Client

起動


ミントメニューから起動することも、端末から以下のようなコマンドを使って起動することも出来ます:
flatpak run com.spotify.Client

一覧表示


インストール済のアプリとランタイムを一覧表示するには次を実行します:
flatpak list
ランタイムは表示せずに、アプリだけを表示したい場合は次を実行します:
flatpak list --app
全てのリポジトリからインストール可能なアプリやランタイムを表示するに次を実行します:
flatpak remote-ls
ランタイムを表示せずに、アプリだけインストール可能なものを表示したい場合は次を実行します:
flatpak remote-ls --app
リポジトリを指定してインストール可能なアプリのみを表示したい場合、例えば gnome-apps では次を実行します:
flatpak remote-ls --app gnome-apps

更新


インストール済の全ての Flatpak アプリを更新したい場合は次を実行します:
flatpak update
特定の Flatpak アプリのみを更新したい場合は、そのアプリを指定して更新します:
flatpak update com.spotify.Client

詳細


特定の Flatpak アプリの詳細を表示したい場合は、そのアプリを指定して次のように実行します:
flatpak info com.spotify.Client


参考元: OSTechNix
| Linux |
| 1/57 | >>

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle with anime girls since 2009.Best View with Google Chrome 1980x1080 dimension.
Info 更新は不定期です。

script

LinuxMint ISO 日本ミラーサーバー:




Amazon: