Non Mihi, Non Tibi, Sed Nobis
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Linux Mint 18 : Android エミュレーター「GenyMotion」で Android アプリを実行 09:09
アイキャッチ

GenyMotion とは


GenyMotion は Android アプリの動作確認に適した Android エミュレーターです。システムに WhatsApp のようなモバイルアプリを実行させたい場合は Genymotion をインストールすると良いでしょう。Genymotion は他のエミュレーターと比べると多機能です。

主な特徴:
* ウィンドウがリサイズ可能
* スクリーンショット
* CPU 仮想化
* 最新の Android に対応
* コマンドラインツールの提供
* Java API
* カスタマイズ可能な IMEI、MEID、Android ID
* D&D でアプリのインストール可能
* OpenGL アクセラレータ
* 20種類のデバイス
* デバイスのカスタマイズ

インストール


Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
  1. GenyMotion をインストールする前に、VirtualBox が GenyMotion の動作に不可欠なので、VirtualBox をインストールします: Linux Mint 18 : 「VirtualBox」のインストール方法
  2. 次に GenyMotion をダウンロードしますが、直リンはありません。というのもダウンロードにはサインアップが必要だからです。Create Account でアカウントを作成し、Ubuntu 用のバイナリをダウンロードしてください:
    範囲を選択_023
    範囲を選択_024

  3. Linux 界において、サードパーティー製のソフトは /opt におくのが慣例となっています。なので ~/ダウンロード に置いた genymotion-*_x64.bin を /opt に移動してから実行します:
    cd ダウンロード
    sudo mv genymotion-*_x64.bin /opt
    cd /opt
    chmod +x genymotion-*_x64.bin
    sudo ./genymotion-*_x64.bin # y/N を聞かれるので y
    cd genymobile/genymotion
    sudo ./genymotion

    もしここで
    Logging activities to file: /root/.Genymobile/genymotion.log
    ./genymotion: symbol lookup error: /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libGL.so.1: undefined symbol: drmGetDevice

    というエラーが出たら、/opt/genymobile/genymotion/ 内の libdrm.so.2 をそのディレクトリーから取り出してください:
    sudo mv /opt/genymobile/genymotion/libdrm.so.2 ~/デスクトップ
    Usage notice (スーパーユーザで)_025

  4. デフォルトでは、デバイスは何ら追加されていません。なので、GenyMotion を起動してからまず最初にやることはアカウントにサインインした後に、デバイスを追加することです。ダウンロードの際に取得したアカウント情報を入力してください。まず [ Add a first virtual device ] ウィンドウで [ Yes ] を選択します:
    範囲を選択_026
    Virtual device creation wizard (スーパーユーザで)_027

  5. 20種類の用意されたデバイス、あるいはデバイスをカスタマイズするかしたのち [ Next ] をクリックします。Android のバージョンは覚えておきます。ここでは 6.0 を選びました:
    genymotion (スーパーユーザで)_028

  6. 選んだデバイスの確認画面です。そのまま [ Next ] をクリックします:
    Virtual device creation wizard (スーパーユーザで)_029

  7. すると必要なファイルのダウンロードが始まります。しばしお待ちください:
    Virtual device creation wizard (スーパーユーザで)_030

  8. 仮想デバイスが作成されました:
    Genymotion for personal use (スーパーユーザで)_031

  9. 起動したいデバイスを選び [ Start ] をクリックします:
    範囲を選択_032

  10. 日本語化します。Settings -> language and input -> 日本語:
    Genymotion for personal use - Custom Phone - 6.0.0 - API 23 - 768x1280 (768x1280, 320dpi) - 192.168.56.101 (スーパーユーザで)_033

  11. Google のライセンスの関係上、そのままでは Google Play が入っていません。これから先は Google Play が使えるよう設定をします。まずThe Open GApps Projectにアクセスし必要となる Open GApss をダウンロードします。自分が行った設定はこんな↓感じです。64bit のユーザーは x86_64 でも良いでしょう。
    Platform: x86
    Android: 6.0 (ここでは Custom Phone 6.0.0 を使っています)
    Variant: Nano(Google Play にあるすべてのソフトをインストールしようとしない限りこれで十分です)
    範囲を選択_035

  12. ダウンロードした「open_gapps-x86-6.0-nano-yyyymmdd.zip」のようなアーカイブをエミュレーターのウィンドウに D&D します:
    範囲を選択_034

  13. インストール開始されます。下の画像のように「Please restart the virtual device」と表示されたら、再起動します。サイトの中には「adb reboot」コマンドを使うよう指示するものありますが、普通に右上の「×」で閉じて再度 [ Start ] するだけで充分です:
    範囲を選択_036

  14. 再起動中。。。:
    Genymotion for personal use - Custom Phone - 6.0.0 - API 23 - 768x1280 (768x1280, 320dpi) - 192.168.56.101 (スーパーユーザで)_037

  15. 更新が終わると、見事に追加されているのがわかります:
    Genymotion for personal use - Custom Phone - 6.0.0 - API 23 - 768x1280 (768x1280, 320dpi) - 192.168.56.101 (スーパーユーザで)_038Genymotion for personal use - Custom Phone - 6.0.0 - API 23 - 768x1280 (768x1280, 320dpi) - 192.168.56.101 (スーパーユーザで)_039


      試しにメルカリをインストールし起動してみる


      インストールできました:
      Genymotion for personal use - Custom Phone - 6.0.0 - API 23 - 768x1280 (768x1280, 320dpi) - 192.168.56.101 (スーパーユーザで)_040

      起動も良好でした:
      Genymotion for personal use - Custom Phone - 6.0.0 - API 23 - 768x1280 (768x1280, 320dpi) - 192.168.56.101 (スーパーユーザで)_041

      次回起動しようとすると
      genymotion/genymotion: symbol lookup error: /usr/lib64/libX11.so.6: undefined symbol: xcb_wait_for_reply64

      というエラーが出ました。
      これを解決するには /opt/genymobile/genymotion 内にある libxcb.so.1 を削除する必要がありました:
      sudo mv /opt/genymobile/genymotionlibxcb.so.1 ~/デスクトップ
      削除したら追加したデバイスが使えなくなっていたため再度ダウンロードする必要がありました。

      Android アプリをインストールするもう一つの方法


      それは apk ファイルをどこかでダウンロードしエミュレーターに D&D することです。
      1. 範囲を選択_048
        APK Downloader - Download APK Files Directly From Google Play にアクセスし、検索します。
        日本語も大丈夫なようです:
        範囲を選択_049
      2. ダウンロードしたらエミュレーター上に D&D します。この方法は公式の Twitter でも紹介されているやり方です:
        キャプチャs


      参考元: 2daygeek, Instinct Coder
| Linux |
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 09:09
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle.
Since 2009.
Info 更新日はストップしました。

roadtoapython

roadtorubyist

git