Non Mihi, Non Tibi, Sed Nobis
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Linux Mint 18 : 囲碁とリバーシ(オセロ)が遊べる「Quarry」 00:28
2017-02-06 19-32-37

Quarry とは


囲碁とリバーシ(いわゆるオセロ)のためのフロントエンドです。プレイヤーをそれぞれ人あるいは CPU から選べるので人対人や、CPU 対 CPU などもできますが、フロントエンドなので AI にあたるエンジンが含まれていません。

そこで、囲碁で CPU と対戦できるようにするために、エンジンとして GNU Go を使った方法を、オセロで CPU と対戦できるようにするために、エンジンとして GRhino を使った方法をシェアしたいと思います。

インストール


Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行します:
sudo apt-get install quarry grhino gnugo -y

遊び方


次のコマンドを実行して起動してください(ミントメニューからも起動できます):
/usr/games/quarry
[ Prefereces ] -> [ GTP Engine ] から Gnu GO も GRhino Reversi も登録されていることを確認します:
範囲を選択_006

囲碁


Gnu GO を選び [ Modify ] をクリックし、--quiet と --level 5 を追記します。level 5 は好きなレベルを指定してください:
範囲を選択_007

/usr/games/gnugo --mode gtp --quiet --level 5

範囲を選択_008

--mode は'ascii', 'emacs,' 'gmp' , 'gtp' から選べますが、gtp のままにしてください。

--quiet を指定することでコピーライトやそのほかのメッセージを非表示にします。

--level はデフォルトで 10 に設定されています。「レベルの値を大きくすると CPU の打つ速さが速くなるかわりに読みの正確さが失われていきます」と公式には書かれているもののネット上の情報によればかなり遅くなるそうです。また、レベルの最大値の記載がないようで、25 以上に設定したらかなり遅くなり、100 以上に設定したら落ちたという情報があります(about the strength of gnugo • Life In 19x19)。

では、さっそくプレイしてみます。[ New Game ] をクリックしてゲームの設定を行います:
範囲を選択_009

CPU と囲碁をやる場合は、[ Go ] にチェックをつけ、[ Gnu GO ] を選択してください:
範囲を選択_013

碁盤のマス目の数や制限時間、ハンディキャップを指定したら、[ Play ] を押して開始してください。プレイの保存も可能です:
範囲を選択_014
範囲を選択_015

リバーシ(オセロ)


同様にして [ New Game ] より [ Reversi ] にチェックをつけ、GRhino Reversi を選択します:
範囲を選択_010

マス目の数や制限時間を設定したら [ Play ] をクリックして開始します:
範囲を選択_011
範囲を選択_012

参考元1 : forum.ubuntu.org.cn
参考元2 : ubuntuforums.org
| Linux |
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 00:28
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle.
Since 2009.
Info 更新日はストップしました。

roadtoapython

roadtorubyist

git