Linux Mint 19.3 beta 公開中。ミラーサーバーからダウンロードできます
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Linux Mint 18 : ガントチャート作成ツール「ProjectLibre」のベーシックな使い方 01:29
名称未設k定

以前、XMind というマインドマップ作成ツールを紹介しました(こちら)。ところが、ガントチャートの作成に関しては有料版を購入しないと使えないようになっています。そこで、無料でもガントチャートを作成すべく、「ProjecctLibre」というプロジェクト管理ツールを紹介したいと思います。

ProjecctLibre とは


ProjectLibre は Microsoft Project の代替アプリであるプロジェクト管理ソフトです。 OpenOffice や LibreOffice になかった管理ソフトを補完します。200 カ国で 300 万回以上ダウンロードされ、InfoWorld の「Best of Open Source」賞を受賞しています。ProjectLibre は、Microsoft Project 2003, 2007, 2010 のファイルと互換性があり、簡単に開くことができます。

他には、PERT チャート、RBS チャートを作成することができます。

インストール


SourceForge.net から deb パッケージをダウンロードし、ダブルクリックしてインストールします。

使い方


ミントメニューから起動したら、[ プロジェクトの作成 ] をクリックし、 [ プロジェクト名 ] と [ 開始日 ] を指定しましょう:
範囲を選択_081
範囲を選択_082

まずは、作業の工程を [ 名前 ] の列に書き込んでいきます。例として、パソコンの組み立てを例に取ります。組み立てたら OS をインストールする必要が有りますが、その前に OS (今回は Linux Mint ) を USB メモリーに入れる必要が有ります。「パソコンの組み立て」と「OS を USB メモリーに入れる」作業は同時にできると仮定しています。というわけで、今回は「M/B(マザーボード)に CPU を取り付ける」などの工程を「パソコン本体の組み立て」としてまとめていきたいと思います。これを行うにはまとめたい工程をすべて選択した状態にし [ タスク ] -> [ レベル下げ ] をクリックします:
範囲を選択_083
範囲を選択_087
範囲を選択_088

次は、期間を指定していきます。1日要するのであれば「1day」、1時間要するのであれば「1hr」、1分要するのであれば「1min」と入力すれば day として換算されます。この時、仕事の時間が8時間をデフォルトで設定されているため、1hr は 8hr の 1/8 なので 0.125 days と表示されます。一日は 24 hr ですが、 仕事時間のうち何時間かが大事です:
範囲を選択_084

タイムラインのスケールを大きくしたい場合は [ タスク ] -> [ ズームイン ] をクリックします:
範囲を選択_085
範囲を選択_086

デフォルトでは 8:00-17:00 (うち休憩が 12:00-13:00) の 8 時間労働になっています。これを変更するには [ ファイル ] -> [ カレンダー ] をクリックします。変更したい曜日をクリックしたら [ 開始時刻 ] と [ 終了時刻 ] を入力していきます。画像では 10:00 開始で 22:00 終了(12:00-13:00 は休憩) と仮定した時の時間を入力しています(PC自作は自宅でできるので遅めまで設定しているだけです):
範囲を選択_092
範囲を選択_093
範囲を選択_094
10:00-22:00 までになった


さて、それではガントチャートを実際に完成させていきます。基本的にパソコンの自作は一人が順序良くやるので、ある工程が終わってから次の工程に移ることになります。今回は組み立てとライブ USB メモリー作成を同時でやり、あとの組み立ては順次やっていくとすると、「M/B に CPU を取り付ける」あとに「M/B にメモリーを取り付ける」が来るはずです。なので、ガントチャートの「M/B に CPU を取り付ける」の棒グラフを「M/B にメモリーを取り付ける」の棒グラフの上に D&D すると:
範囲を選択_089

こうなります。これを必要なだけ繰り返していきます:
範囲を選択_090

最後に [ ファイル ] -> [ PDF ] で出力して配布したり、Projectlibre を見ると、終わっているはずの工程にチェックが付いているのを確認したりできます:
範囲を選択_091

担当者名を入れるには


ガントチャートに担当者を割り当てるには [ リソース ] -> [ リソース ]:
範囲を選択_085

名前を入力:
範囲を選択_086

入力済の名前を [ リソース ] フィールドに入力することができます:
範囲を選択_084

以上が Projectlibre のベーシックな使い方になります。
| Linux |
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 01:29
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle with anime girls since 2009.Best View with Google Chrome 1980x1080 dimension.
Info 更新は不定期です。

script

LinuxMint ISO 日本ミラーサーバー:




Amazon: