ちょっと4月5月は忙しくて更新が滞ってすいません><
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Linux Mint : アプリ/ソフトのアンインストールと更新する方法 00:47
Linux Mint では様々なアプリがパッケージとして提供されていますが、アンインストールしたいとなったらどうしますか。Windows では「プログラムの変更と削除」がありますが、Linux Mint でもアンインストールはマウスでクリックしていくだけで可能です。

因みに、今回アンインストールを試みるアプリは「Frozen Bubble」というゲームです:
範囲を選択_010
「LINE Bubble」に似ていますが、もちろん「Frozen Bubble」は 2002 年ごろからすでにリリースされている歴史あるゲームです。

注意: 画像のデスクトップ画面ではミントメニューが「Mac OS X」となっていますが、単に Mac 風にした名残です。

GUI による方法


ミントメニューから


ミントメニューに表示されるアプリはミントメニューを右クリックして表示されるメニューからアンインストールすることができます:
範囲を選択_013

ソフトウェアマネージャーを使って


Linux Mint にはソフトウェアマネージャとして mintInstall が付属しています。まずは、こちらを使ってアプリをアンインストールする方法をシェアしたいと思います:
  1. ミントメニューから「ソフトウェアマネージャー」を起動します(パスワード入力画面が表示されます):
    範囲を選択_011

  2. インストール済のアプリのみをリストに表示したい場合はメニューバーの [ 表示 ] -> [ 利用可能なパッケージ ] のチェックを外します:
    範囲を選択_012

  3. 右上の検索バーから削除したいパッケージ名を入力します:
    範囲を選択_013

  4. 検索バーを利用せずにインストール済アプリを一覧するには2番目のステップを踏んだ上で [ すべてのパッケージ ] を選びます:
    範囲を選択_014

  5. アンインストールしたいアプリを左クリックして、[ 削除 ] をクリックします:
    範囲を選択_015

  6. アンインストールが始まります:
    範囲を選択_016

  7. アンインストールが終わると「インストールされていません」と表示されます:
    範囲を選択_017


Synaptic パッケージマネージャーを使って


Linux Mint にはもうひとつ「Synaptic」という mintInstall のようなアプリが入っており、こちらからでもアンインストールはできます:
  1. ミントメニューから「パッケージマネージャー」を起動します。パスワードを入力してください:
    範囲を選択_001

  2. アンインストールしたいパッケージ名を入力して検索にかけます。
  3. リストに表示されたアンインストールしたいパッケージを右クリックし [ 削除指定 ] をクリックしてください:
    範囲を選択_002

  4. [ 適用 ] を押してください:
    範囲を選択_003

  5. 指定した変更点が表示されます。最後の確認画面です。良ければ、[ Apply ] をクリックするとアンインストールが始まります:
    範囲を選択_004

Linux Mint の開発者 Clem 氏は Synaptic パッケージマネージャから更新する機能を削除しました(Cannot update mesa packages force uninstall cinnamon)。なので Synaptic からは基本的には更新できません。アップデートマネージャー(mintUpdate)を使うことになります。

mintUpdate アップデートマネージャーを使って


Synaptic では更新機能が取り除かれている代わりに、Linux Mint ではアップデートマネージャーが存在します。
  1. ミントメニューから「アップデートマネージャ」を起動します:
    範囲を選択_001

  2. [ 更新 ] ボタンをクリックしたあと、更新したいパッケージのアップグレードの項目にチェックを入れ [ アップデートをインストール ] をクリックします:
    範囲を選択_002

  3. mintUpdate では Linux カーネルの更新:
    範囲を選択_003

  4. Linux Mint のバージョンの更新も可能です:
    範囲を選択_004


端末を使って


コマンドを実行することでもアンインストールは可能です。
Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行します(frozen-bubble というパッケージを削除したいと仮定):
範囲を選択_002
sudo apt-get remove frozen-bubble
sudo コマンドを使用するとパスワードを入力する必要があります。端末でパスワードを入力しても何もフィードバックは返されません。入力が終わったら
Enter
を押します。

不要になった依存関係も含めてアンインストールしたい場合は autoremove を使います(frozen-bubble というパッケージとその依存関係を削除したいと仮定):
範囲を選択_001
sudo apt-get autoremove frozen-bubble
データベースを更新したあと、パッケージを再インストールしようとすると更新できます(アップデートがあったら):
sudo apt-get update && sudo apt-get install frozen-bubble

参考元: wikiHow
| Linux |
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 00:47
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle.
Since 2009.
Info 更新日は土曜日です。

roadtoapython

roadtorubyist

git