管理人は国家試験勉強のため、4月より一年間このブログの更新頻度を月一回に落としています。
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Linux Mint 18 : Python IDE「PyCharm Community Edition」のインストール 00:28
PyCharm-Splash

PyCharm Community Edition とは


Python で開発を行うための軽量な IDE です。フリー且つオープンソースで、ライセンスは Apache License 2.0 です。

PyCharm には Community Edition と Professional Edition があり、Community Edition にはウェブ開発やウェブフレームワーク、Python プロファイラ、データベースへの対応などが含まれていませんが、無料で使うことができます。

主な特徴:
  • 自動補完
  • テスター
  • デバッガ―
  • リファクタリング
  • バージョン管理システムとの連携
  • ファイル・クラス・メソッドなどに移動
  • UI のカスタマイズ
  • Vim キーバインド


インストール


まずは公式サイトからタ―ボールをゲットします。Community Edition の方を選んでください。Professional Edition は 30 日間限定ですが試用することはできます。
Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行して、タ―ボールを /tmp に解凍します:
cd ~/ダウンロード
tar xvzf pycharm-community*.tar.gz -C /tmp/

PyCharm を /opt に移します:
sudo chown -R root:root /tmp/pycharm*
sudo mv /tmp/pycharm-community* /opt/pycharm-community

端末から実行しやすくするためにシンボリックリンクを作成しておきます:
sudo ln -s /opt/pycharm-community/bin/pycharm.sh /usr/local/bin/pycharmsudo ln -s /opt/pycharm-community/bin/inspect.sh /usr/local/bin/inspect
これで次のようにして起動できます:
pycharm

Snap 経由でインストール


Snap 経由でインストールできるようになりました。Snap でインストールしたことがない方はまず次を実行してください:
sudo apt install snapd snapd-xdg-open
snap コマンドを利用してインストールします:
sudo snap install pycharm-community --classic

使い方


PyCharm の設定ファイルを読み込むかどうかを聞かれますが、以前のバージョンを持っていないと思うので、下のオプションを選びます:
範囲を選択_017

テーマが選べます:
範囲を選択_020

最後に人気のあるプラグインをインストールすることが出来ます:
範囲を選択_021

ここではボタンを押すと helloworld と出力するプログラムを作成したいと思います。

  1. まず、PyCharm を起動したら、[ Create New Project ] をクリックします:
    範囲を選択_020

  2. [ Location ] 欄の「untitled」を「helloworld」に変え、 [ OK ] をクリックします(インタープリターを python 3.5 に変更することもできます):
    範囲を選択_021

  3. プロジェクト(helloworld)を右クリックして [ New ] -> [ File ]:
    範囲を選択_022

  4. 「helloworld.py」と入力して [ OK ]:
    範囲を選択_023

  5. 以下をコピペします:
    import gi
    gi.require_version('Gtk', '3.0')
    from gi.repository import Gtk

    class MyWindow(Gtk.Window):

    def __init__(self):
    Gtk.Window.__init__(self, title="Hello World")

    self.button = Gtk.Button(label="Click Here")
    self.button.connect("clicked", self.on_button_clicked)
    self.add(self.button)

    def on_button_clicked(self, widget):
    print("Hello World")

    win = MyWindow()
    win.connect("delete-event", Gtk.main_quit)
    win.show_all()
    Gtk.main()


  6. Ctrl
    +
    S
    で保存します:

  7. ファイル(helloworld.py)を右クリックして [ Run ‘helloworld' ]:
    範囲を選択_024

  8. [ Click here ] を押すと、コンソールに「Hello World」と表示されます:
    範囲を選択_025

    以降はミントメニューから起動できます:
    範囲を選択_019


参考元: tutorialforlinux.com
| Linux |
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 00:28
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle.
Since 2009.
Info 更新日は不定期です。

roadtoapython

roadtorubyist

git