Linux Mint 19.3 のコードネームは「Tricia」だそうです
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Linux Mint 18.2 : テキストエディター「Emacs」 の使い方[はじめての方向け][MMD4コマ付] 01:22
アイキャッチ

Emacs とは


「Emacs」は広く使われているため、説明の必要はないかもしれませんが、無料かつオープンソースで、拡張性の高い、カスタマイズ可能なテキストエディタです。GNU プロジェクトが開発し、GNU GPL でライセンスされています。クロスプラットフォームに対応し、Linux、Windows、Mac でも使えます。

最初に Emacs が開発されたのは 1970 年代半ばのことです。それ以来、GNU Emacsの開発は現在に至るまで活発に続けられています。

Richard Stallman 氏は 1984 年に GNU Emacs の開発に参加し、プロプライエタリな Gosling Emacs のフリーソフトウェア版を作りました。

Emacs には 10,000 以上の組み込みコマンドがあり、そのユーザインタフェースによりこれらのコマンドをマクロに組み込んで作業を自動化することができます。さらに、Emacs に機能を実装するには、Lisp プログラミング言語の亜種(方言)を使って、ユーザや開発者は Emacs 用に新しいコマンドやアプリケーションを作ることができる、といったように高い拡張性があります。

ELIZA、Pong、Conway'Life、Snake、Tetris のクローンだけでなく、電子メール、ファイル、アウトライン、RSS フィードを管理するための拡張機能も用意されています。

主な特徴:
  • たくさんのファイルタイプに対して、言語を自動的に認識し、構文の色付けを行う
  • 新規ユーザーのために完成されたチュートリアルが組み込まれている
  • Unicode に完全対応
  • Emacs Lisp あるいは GUI を使って高度にカスタマイズ可能
  • プロジェクトプランナー、メール、ニュースリーダー、デバッガ、カレンダーなど、テキスト編集以外の機能も搭載
  • 拡張機能をダウンロードしてインストールするパッケージシステムを搭載

インストール


Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行します:
sudo add-apt-repository ppa:kelleyk/emacs -y && sudo apt update && sudo apt install emacs25-nox -y
GTK 版と X Windows 無し版(nox)がありますが、ここでは容量も少なく、端末で使うほうが普通だと思うので、X Windows 無し版のほうをお勧めします。なお、どちらともインストールするといったことはできないようです。

使い方


端末を開いたら emacs とタイプして起動します:
emacs
もし Emacs を使うのが初めてであれば、チュートリアルから始めるといいでしょう。
Ctrl
+
h
->
t
とタイプすればチュートリアルには入れます:
範囲を選択_001
ここでは、
Ctrl
+
h
とあれば、それは「Ctrl キーを押しながら、h キーを押す」を指し、->
t
とあれば、「一旦キーから指を離したあとで t キーを押す」ことを指します。以上のことを Emacs 式に書くと C-h t となります。

画面の移動


Ctrl
+
v
次の画面に進む
Alt
+
v
or
Esc
->
v
前の画面に戻る
Ctrl
+
l
画面を書き直す

画面内でのカーソルの移動


Ctrl
+
p
前の行に移動(Previous の P)
Ctrl
+
b
前の文字に移動(Backward の B)
Ctrl
+
f
次の文字(Forward の F)
Ctrl
+
n
次の行に移動(Next の N)
Alt
+
f
or
Esc
->
f
一単語先へ移動
Alt
+
b
or
Esc
->
b
一単語後ろへ移動
Ctrl
+
a
行頭に移動
Ctrl
+
e
行末に移動
Alt
+
a
文頭に移動
Alt
+
e
文末に移動

Alt
+
Shift
+
,
ファイルの先頭へ移動
Alt
+
Shift
+
.
ファイルの末尾へ移動
Ctrl
+
u
->
数字
->
Ctrl
+
f
その数字の文字数だけ前に移動(これは
Ctrl
+
b
Ctrl
+
n
Ctrl
+
p
Ctrl
+
v
との組み合わせも可能)
Ctrl
+
g
Emacs を安全に終了(誤って
Esc
を押してしまった場合も
Ctrl
+
g
で取り消せます)
Ctrl
+
x
->
1
ウィンドウ(フレーム)を一つにする(
Ctrl
+
h
->
k
->
Ctrl
+
f
と押したあとに押してみてください)

コマンドを繰り返す


Ctrl
+
x
->
Esc
->
Esc
直前のコマンドを繰り返す

削除と挿入


BackSpace
カーソルの直前の文字を削除
Delete
カーソルのある文字を削除
Ctrl
+
k
カーソルから行末までを消去
Alt
+
k
カーソルから文末までを消去
Ctrl
+
@
or
Ctrl
+
スペース
->
Ctrl
+
f
で好きなところまで範囲選択->
Ctrl
+
w
選択肢範囲を消去
Ctrl
+
u
->
8
->
*
********が挿入されます
Ctrl
+
y
最後に消去した文章を貼り付ける(再入する)
Ctrl
+
y
->
Alt
+
y
より以前に消去した文章を貼り付ける(再入する)

検索と置換


Ctrl
+
s
前方を検索
Ctrl
+
r
後方を検索
M
+
x
->replace-string と入力->
Enter
->置換前の文字列を入力->
Enter
->置換後の文字列を入力->
Enter
置換する:
範囲を選択_006
置換後:
範囲を選択_007

取り消し


Ctrl
+
x
->
u
ひとつのコマンドによる変更を取り消す。ただし文章を変更しないコマンドは取り消しにならない
Ctrl
+
/
同上

ファイル


Ctrl
+
x
->
Ctrl
+
f
ファイルを開く
Ctrl
+
x
->
Ctrl
+
f
その後、既存のファイルとかぶらないファイル名を入力することで新しいファイルを作成できます
Ctrl
+
x
->
Ctrl
+
s
ファイルの保存

終了


Ctrl
+
x
->
Ctrl
+
c
Emacs の終了

クリップボードから貼り付けれるようにする


ホームディレクトリに .emacs ファイルがあればそれに追記すればいいのですが、こちらの環境では存在しなかっため「.emacs」ファイルをホームディレクトリーに作成し、以下を入力し保存します:
(setq x-select-enable-clipboard t)

Emacs を再起動し、
Ctrl
+
Shift
+
v
でクリップボード内の文字列が貼り付けれるようになっているはずです。

以上のコマンドを覚えれば少なくともメモ帳でやれることはたいていできるはずです。

おまけ


ゲームをプレイ


いくつかゲームも組み込まれています。例えば、テトリスを遊ぶには以下をタイプしてください。
Alt
+
x
->tetris と入力:
範囲を選択_005

RSSリーダー


依存関係を満たしたあと、ソースをゲットしてインストールします:
sudo apt install -y git curl && git clone https://github.com/skeeto/elfeed && cd elfeed && make
.emacs ファイルに以下を追記します:
(add-to-list 'load-path "~/elfeed")
(require 'elfeed)
(global-set-key (kbd "C-x w") 'elfeed)
(setq elfeed-feeds
'("http://baker-street.jugem.jp/?mode=rss"
"https://blog.linuxmint.com/?feed=rss2"))

Ctrl
+
x
->
w
とタイプすれば elfeed が起動しますが、何も表示されません。
Shift
+
g
を押す必要があります:
範囲を選択_008

読みたいエントリーを選んで
b
を押すとブラウザでそのページが開かれます。

25-1

参考元1 : NoobsLab
参考元2: LinuxBBQ
| Linux |
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 01:22
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle with anime girls since 2009.Best View with Google Chrome 1980x1080 dimension.
Info 更新は不定期です。

script

LinuxMint ISO 日本ミラーサーバー:




Amazon: