Non Mihi, Non Tibi, Sed Nobis
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Ubuntu Tips : sudo、gksu で Gedit、Nautilus、Synaptic などの GUI アプリを起動できるようにする 00:05
アイキャッチ

Ubuntu 17.10 はデフォルトのセッションに Wayland を使用しています。GUI アプリの中には root 権限が起動に必要なものもたくさんありますが、こうした GUI アプリは Wayland では起動できません。

root 権限で GUI アプリを起動しようと試みても以下のようなエラーが表示されるはずです:
cannot-opendisplay-600x128

例えば、Synaptic パッケージマネージャや Grub Customizer、Gparted、Ubuntu Tweak など、これらのアプリは Wayland では起動しません。

端末の中で sudo で起動しようとしてもこんなエラーが表示されます:
No protocol specified. Gtk-WARNING **: Cannot open display: :0


そこで、最も簡単な解決策は xhost を使って一時的に root ユーザーがローカルユーザーの X セッションにアクセスできるようにすることです。つまり、以下を端末で実行します:
xhost si:localuser:root
xhost-allow-root-600x97

このコマンドを実行した後は、ログアウトするまで sudo, gksu, pkexec を使って GUI アプリを起動することが可能になります。

これをログイン時に自動的に実行するには [ 自動起動するアプリケーション ] に以下を登録してください:
名前: Run GUI apps as root in Wayland
コマンド: xhost si:localuser:root
コメント:Wayland で sudo、gksu を実行できるようにする

範囲を選択_008

Linux Mint が Ubuntu 派生ということもあり、この問題が Linux Mint に引き継がれる恐れがあるため、今のうちに記しておきます。

参考元 : UbuntuHandbook
| Linux |
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 00:05
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle.
Since 2009.
Info 更新日はストップしました。

roadtoapython

roadtorubyist

git