Flickr 1TB無料廃止の対応として Google フォトに移行することにしました。が、少なくとも移行は半年後です。今後の記事で使う画像から Google フォトの url にします。
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Linux Mint 18: システムのバックアップ及び復元ソフト「Deja Dup」 17:00
参考: Total System Backup and Recall with Déjà Dup

バックアップ_011
システムのバックアップツールとしてかつては「Lucky Backup」というのがありましたが開発がストップしてしまっています。「Lucky Backup」はいまだに有効な手段と言えますが、開発がストップしていないツールが欲しい方もいるでしょう。「Lucky Backup」の代わりを果たしてくるツール、それが「Déjà Dup」です。

Déjà Dup はシンプルにバックアップがとりたい人には、必要とする機能は十分に備えています。
主な機能は:
*保存先にローカル、リモート、クラウド(Amazon S3のような)が選べる。
*暗号化と圧縮にも対応
*差分バックアップ
*バックアップのスケジュール管理
*ファイルマネージャーとの連携

インストール


Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
Ubuntu のリポジトリに含まれているので簡単にインストールできます(Ver 27.3.1):
sudo apt-get install deja-dupFirefox の方はこちらをクリックしてもインストールできます:
インストール

開発版(ver 34.1)を手に入れたい方は PPA を追加します:
sudo add-apt-repository ppa:deja-dup-team/testing
sudo apt-get update
sudo apt-get install deja-dup


使い方


メニューに表示されるはずですが、されない場合は
gksu deja-dup-preferencesを実行すると立ち上がります。
起動するとこのようなウィンドウが表示されます。右上のスライドを右にスライドし有効にします:
バックアップ_017

とりあえず [ 今すぐバックアップ ] は押さずに、もろもろの設定を済ませます。左のパネルの [ バックアップするフォルダー ] をクリックして [ + ] ボタンをクリックし保存したいフォルダーを指定します:
範囲を選択_012

バックアップの対象から外したいものがある場合は [ 無視するフォルダー ] をクリックし、保存先を指定したように [ + ] ボタンをクリックし除外するフォルダーを指定します:
バックアップ_013

保存先を指定するには [ 保存場所 ] から指定できます:
バックアップ_014

[ スケジュール ] をクリックすると、バックアップの頻度と保持期間が指定できます:
バックアップ_016

最後に [ 概要 ] をクリックし [ 今すぐバックアップ. ] をクリックするとバックアップファイルを暗号化するかどうかを聞かれます。どうでもいい場合は [ Allow restoring without a password(注:日本語になっていると思います) ]を選びます:
バックアップ_017

復元したい場合も簡単で、[ 概要 ] の [ 復元 ] ボタンより バックアップフォルダーの選択とどこに復元するかを指定するだけ行うことができます。
| Linux |
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 17:00
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle.
Since 2009.
Info 再開しました。更新日は月一です。

roadtoapython

roadtorubyist

git