ちょっと4月5月は忙しくて更新が滞ってすいません><
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Linux Mint 18.3 : Chrome OS 風テーマ「Chrome OS theme for Linux」 01:01
アイキャッチ

Chrome OS の良いところはたくさんありますが、おそらく最も良いところは見た目ではないでしょうか。きちんとしていて清潔で、デザインのセンスが光ります。Chrome OS の見た目は好きでも、Google が開発している OS を使ことに不安を感じるなら、Linux で同じ UI を利用してみてはどうでしょうか。

プライバシーを犠牲にすることなく、無料で、素敵な素材デザインを手に入れましょう。

Chrome OS theme for Linux とは


マテリアルデザインを採用した Linux のための Chrome OS テーマです。GTK ベースのデスクトップ環境ならたいてい対応しています。Chrome OS は、わずか 2 GB の RAM のパソコンで動作するように設計された軽量な OS ですが、それにもかかわらず、滑らかな視覚効果、アニメーション、モダンな見た目が特徴的で、 全体的にモダンな作りになっています。

このテーマを適用できるデスクトップ環境はいろいろありますが、Cinnamon が一番おすすめです。主な理由は、似たアニメーション効果を持ち、Chrome OS に全体的によく似たデザインだからです。Cinnamon がおそらく最良の選択肢ですが、他のデスクトップ環境もこのテーマを使用することができます。

対応デスクトップ環境:
*Cinnamon
*Gnome Shell
*LXDE
*Mate
*Budgie
*XFCE4

インストール


Ctrl
+
Alt
+
T
を押して端末を起動します。
端末へコマンドをペーストするには
Ctrl
+
Shift
+
V
を押します。
次のコマンドを実行してテーマをインストールします:
sudo apt install -y git && git clone https://github.com/B00merang-Project/Chrome-OS.git && mv Chrome-OS ~/.themes
テーマのほかにアイコンも大切です。アイコンも合ってないと少し変です。

Google にインスパイアされたマテリアルアイコンはいろいろありますが、今のところベストなものは Papirus だと思います。理由は単純で、Linux で使うアプリのほとんどのアイコンをカバーしているからです。さらに Papirus Adapta, ePapirus, Papirus などバリエーションにも幅があります。このアイコンをインストールするには PPA を使うのが手っ取り早いですが、どのディストロでも適用できるようなユニバーサルな方法は以下のコマンドを実行する方法です:
sudo wget -qO- https://raw.githubusercontent.com/PapirusDevelopmentTeam/papirus-icon-theme/master/install-papirus-root.sh | sh
このコマンドはアイコンを直接ダウンロードしてくれるのではなく、インストーラーを実行します。自動で最新のアイコンセットをダウンロードし、古いものは削除してくれます。アイコンは /usr/share/icons/ に保存されます。

Linux Mint ユーザーの方は PPA を利用するほうが楽かもしれません:
sudo add-apt-repository ppa:papirus/papirus -y && sudo apt update && sudo apt install papirus-icon-theme -y
インストールが完了したら、次はテーマを適用します。Cinnamon であればミントメニューから「テーマ」アプリを起動し以下のように設定してください:
範囲を選択_020

壁紙を Chrome OS のものにします。今回はこの壁紙を使用しました:
158

細工(Cinnamon でのやり方)


これでテーマを反映することができますが、以下の部分が個人的に気に入りませんでした:
範囲を選択_021

確かに、本家の Chrome OS のテーマではパネルの一部がこのように不透明になっていますが、どうせならパネルをすべて透明にしたくありませんか。そこで、ここからはパネルをすべて透明にしていく作業になります。すでにテーマに満足ならこれから先を読む必要はありません。

ここに 36 × 36 ピクセルの透明の画像を用意しました。これを panel2.png と名前を付けて Chrome OS の Cinnamon フォルダーに保存してください(もし Cinnamon を使っていなければ違うフォルダーになると思います):
panel2
可視化するために白くしています。
クリックすると透明の画像が表示されます。


cinnamon.css を開き、以下の個所を改変します。
セレクタが #panelRight の部分の
border-image: url('panel.png') 5 6 5 5;

の panel.png を panel2.png に書き換えます:
border-image: url('panel2.png') 5 6 5 5;

範囲を選択_022

セレクタが #panelLeft .applet-box:first-child の部分の
/*border-image: url('search.png') 5 5 5 8;*/

をコメントアウトし以下を追記します:
border-image: url('panel2.png') 5 5 5 8;

範囲を選択_024

更にメニューの虫眼鏡が邪魔なので
範囲を選択_020コメントアウトして表示しないようにします。以下の行をコメントアウトします:
/*background-image: url('magnify.png');*/


完成です:
ワークスペース 1_025

参考元: addictivetips
| Linux |
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 01:01
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle.
Since 2009.
Info 更新日は土曜日です。

roadtoapython

roadtorubyist

git