ちょっと4月5月は忙しくて更新が滞ってすいません><
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Linux : Linux は使うのに Ubuntu は使わない人の 6 つの理由 00:30
アイキャッチ
警告この記事は Ubuntu ではなく、なぜ Linux Mint を使うのかという疑問に対して答えるものではありません。
Ubuntu は数ある中でも最も人気のある Linux ディストリビューションです。Ubuntu は比較的ニュースに載り、ユーザーも数多く獲得しています。アプリの開発者が Linux 向けにもリリースするなら、Ubuntu 向けだけということもしばしばあることです。確かにどの Linux でもゲームを実行するのは出来ますが、公式にサポートされるのが Ubuntu だけというのがよくあることなのです。

ユーザーが数多く存在し、情報源も豊富で、Ubuntu 向けにリリース/サポートされるアプリが数多く存在する中、なぜ Ubuntu を選ばない人がいるのでしょうか。

バンドルされているパッケージが嫌い


DistroBesidesUbuntu-Ubuntu

Ubuntu は無料でオープンソースの Linux ディストリビューションで、誰もが自由に使い改造することが出来ます。Ubuntu にバンドルされるアプリの大半は他の Linux ディストリビューションでも見られるものです。ユーザーのために物事をシンプルにするため、Ubuntu には数多くのツールとバッグで動くサービスが付属してきます。これによりシステムがどう動作するのか深い知識がない初心者でもとっつきやすくなっています。Linux に慣れてきた人にとっても、労力を省いてくれます。

しかし、Ubuntu 開発チームが選んだコンポーネントが嫌いであったり、その嫌いなコンポーネントを他のものと取り替えるのが難しかったり、有用性よりもトラブルの影響が大きかったりする場合、自分が好むコンポーネントを採用している Linux を使ったり、Gentoo のような一から自分でつくり上げるほうが使いやすい Linux が手に入るというのが有ります。

違ったリリーススケジュールの方が良い


release-ubuntu-end-of-life

GNOME デスクトップ環境のリリーススケジュールは 3 月と 9 月です。それ故、Ubuntu のリリーススケジュールも一ヶ月後の 4 月と 10 月になっています。そして、Linux Mint はそれを受け、5〜6 月と 11〜12 月になっています。

Fedora も Ubuntu と似たスケジュールリリースをとっており、年に 2 回、通常 11〜1 月と夏のどこかで新しいバージョンをリリースしています。Fedora のリリース日はあまり予測できませんが、リリースが遅れるということはそれだけ新しいバージョンのアプリがついてくることでも有ります。また、リリースの間の 6 ヶ月間、Fedora 開発チームはアプリを頻繁に更新する傾向が有ります。

定期リリースにうんざりしている人もいるかもしれません。Linux ディストリビューションの中にはローリング・リリースモデルを採用しているものがあります。一度インストールすれば永遠にアプリやコンポーネントが更新されていくので、再インストールする必要がないというものです。Arch Linux や openSUSE Tumbleweed はこのモデルを採用しています。

パッケージ管理システムによる好み


Terminal - shellingford@linuxmint ~_005

Ubuntu ベースのものは Debian と同様、パッケージ管理システムに APT を採用しています。Fedora では DNF、openSUSE は Zypper、Arch Linux は pacman です。これらのパッケージマネージャーはだいたい同じことをしますが、扱い方が異なります。

コマンドラインツールとして、コマンドを実行するには正確にどうタイプするか知る必要が有ります。一度学べば他を学ぶのが嫌になるかもしれません。

あるいは特定のパッケージ管理システムが好きだからという理由からかもしれません。例えば pacman は -S とつけるだけでパッケージをインストールできます。apt のように install と長々打つ必要はありません。APT はダウンロードして入れたパッケージをシステムから削除するのに purge コマンドが有りますが、DNF にはありません。

ベストなシステムというのはありません。何が良いかはあなたの好みに大きく左右されます。しかし、パッケージに関しては自由にインストール/アンインストールできるのに対して、パッケージ管理システムというのは他のディストリビューションに変えない限り変更出来ません。

Canonical 社の業績に疑問


ubuntu_one_shut_down_screenshot

Ubuntu の開発元である Canonical はユーザーが使いやすいようにどう改善するか考えています。目標はベンダーロックインという手段に頼らずに差別化に成功し、ユーザーを Ubuntu に留まらせることです。道中、デスクトップとしての Linux をベースとした持続可能なビジネスモデルを築き上げるかもしれません。

ここ十年間で、多くのプロジェクトの発足と衰退を見てきました。Canonical は Ubuntu ソフトウェアセンターやアップインディケーター、Unity、Ubuntu One クラウドストレージサービスに投資していません。Ubuntu for TV や Ubuntu Phone などの実験もことごとく失敗しています。Canonical が数年費やした Unity8 は終ぞ公式リリースされることはありませんでした。

多くのユーザーが Ubuntu 17.10 に感激したのは Canonical が革新的なことを行ったからではありません。革新的なことにトライすることをやめたからです。

Ubuntu のわがままが気に入らない


a

Canonical が作ったものの多くが他のディストリビューションでも使おうとすれば使えるにもかかわらず、Ubuntu のみを意図したソフトやサービスにリソースを割いているのです。もっとも気になった人が実装すれば良いのですが、Ubuntu のソフトはそのライブラリに依存する他のソフトを壊してしまうような中核となるライブラリの編集を必要としていたので、やりたがる人が多くはいませんでした。

これは Ubuntu ユーザーにも影響を与え、Unity という以前のデフォルトデスクトップ環境において、GNOME をデスクトップ環境として使いたいユーザーに問題を引き起こすパッチを必要としました。

Canonical のやり方は Ubuntu を使う人と Ubuntu 以外の Linux を使う人の間に大きな溝を作りました。Unity、Ubuntu One、Ubuntu ソフトウェアセンターはどれも Ubuntu 特有のものです。Unity 8 で、Canonical は Mir という自社のディスプレイサーバーを作っていました。一方で他のディストリビューションは Wayland に移行しようとしているがほとんどでした。Canonical は Snap という独自のパッケージ形式を開発しました。Flatpak という選択肢があるのにもかかわらず。。。

Canonical はこれらのプロジェクトの多くを廃止あるいは路線変更し、他のディストリビューションでも使われている一般的なものを取り入れていくでしょう。しかし Canonical は未だに Snap を大きく支援しています。Ubuntu がまた他のディストリビューションと道を違う日もそう遠くはないかもしれません。

プロプラエタリなパッケージを避けたい


a

そもそも Ubuntu がなぜこんなにも人気かといえばプロプラエタリなパッケージが入手しやすいからです。プロプラエタリなパッケージというのは例えば Adobe Flash だったり、MP3 のような一般的なマルチメディア形式のあれこれに必要なコーデックなどです。これが Linux にスイッチするのが容易になっている大きな理由なのは認めざるを得ないことです。

Spotify や Mailspring のようなクローズドなものも知らず知らずインストールしてしまっています。Fedora を使う理由の一つにカーネルに統合されているものを除けば non-free なパッケージは提供されていないことに有ります。

カーネルからクローズドなものを取り除いたディストリビューションさえ存在します。これは互換性のあるハードウェアが少なくなることを意味していますが、フリーソフトウェアの倫理に深く関心のある人にとっては Ubuntu はとりあえず避けたほうが無難な存在なのです。

締めの言葉


Canonical 社は差別化を図るために独自のものを Ubuntu にのみ意図して開発する傾向が有り、それはオープンソース界ではそぐわないことを指摘しました。それでも Windows から移行してきた初心者に Linux を一つすすめるなら Ubuntu (当ブログ的には Linux Mint) を勧めるでしょう。Ubuntu を使いたい人がいる、そのことは素晴らしいことです。

参考元: makeuseof
| Linux |
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 00:30
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle.
Since 2009.
Info 更新日は土曜日です。

roadtoapython

roadtorubyist

git