Non Mihi, Non Tibi, Sed Nobis
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Linux Mint 19 : KDE をインストールして KDE に変更する方法 01:44
アイキャッチ

Linux Mint には KDE エディションがありました。しかし Linux Mint 19 Tara からは、もう KDE エディションはありません。それでは、Linux Mint で KDE を使うことはもう出来ないのでしょうか。選択肢としては、Linux Mint 18.3 KDE を使うか、KDE Plasma 5 デスクトップ環境をインストールするか、2 つあります。

この記事では Linux Mint 19 Tara Cinnamon に KDE Plasma 5 デスクトップ環境をインストールしたあとで、軽いレビューしていきます。

KDE Plasma 5 デスクトップ環境をインストール


Linux Mint 19 Tara は Ubuntu 18.04 LTS Bionic Beaver をベースとしており、自身のパッケージリポジトリ以外に Ubuntu LTS の公式パッケージリポジトリも使っています。この公式リポジトリからインストールできます。Linux Mint 19 専用の KDE テーマは手に入りませんが、すくなくとも KDE 環境を構築することは可能です。

  1. 以下のコマンドを実行して KDE Plasma 5 をインストールします。大量のパッケージをインストールすることになるので時間に余裕があるときにしましょう:

    APT

    sudo apt update && sudo apt install kubuntu-desktop kde-plasma-desktop kde-config-screenlocker kscreen language-pack-kde-ja

  2. インストールが完了したら、早速 KDE を使ってみましょう。ミントメニューからログアウトします。次にスクリーンショットで示しているように、ログイン画面のユーザー名の横のアイコンをクリックします:
    k8
  3. [ プラズマ ] を選択し、パスワードを入力してログインします:
    k9
  4. これで KDE を楽しむことが出来ます:
    デスクトップ 1_004
  5. バージョンは画像の通りです:
    範囲を選択_005

KDE Plasma 5 デスクトップアプリ


Kubuntu 18.04 LTS と同様に KDE Plasma 5 のデフォルトのアプリが入っています。Linux Mint 19 Tara のアプリやテーマは KDE 環境でも使えます。ちゃんと動くか確かめていきましょう。

Konsole


KDE の端末アプリ「Konsole」はスクリーンショットで示す通り問題なく動作します:
範囲を選択_006

Dolphin ファイルマネージャー


Dolphin ファイルマネージャーも同様です:
範囲を選択_007

Linux Mint 19 の壁紙


Linux Mint 19 の壁紙も利用できます:
範囲を選択_008

アイコンテーマ


Linux Mint 19 のアイコンも KDE で利用できます:
範囲を選択_009

ワークスペーステーマ


テーマも簡単に変更できます:
範囲を選択_015
範囲を選択_016

Timeshift や Redshift


Timeshift や Redshift もちゃんと動きます:
範囲を選択_010

締めの言葉


Linux Mint 19 Tara には KDE エディションがなくても Ubuntu 18.04 LTS のパッケージリポジトリから KDE をインストールすれば問題なく、KDE のデフォルトのアプリや Linux Mint の Redshift や Timeshift も動作することがわかりました。

Linux Mint 19 Tara に KDE をインストールして使うことは十分安定で、実用的だと思われます。

参考元: Linux Hint
| Linux |
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 01:44
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle.
Since 2009.
Info 更新日はストップしました。

roadtoapython

roadtorubyist

git