Flickr 1TB無料廃止の対応として Google フォトに移行することにしました。が、少なくとも移行は半年後です。今後の記事で使う画像から Google フォトの url にします。
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
Linux Mint 18.3 Cinnamon: デスクトップにカレンダーを表示「Google Calendar」 デスクレット 00:02
アイキャッチ

自分は予定ができると忘れないようにスマホで Google Calendar に予定を追加しています。パソコンに向かっている時にふと予定を確認したくなる時が有り、スマホ取り出すのも Google Calendar にいちいちアクセスするのも面倒な時が有ります。Linux Mint のデスクトップに常に表示させておくと便利なのですが、どうしたらいいでしょうか。

Google Calendar デスクレットとは


Google Calendar デスクレットは Cinnamon のデスクトップにカレンダーの予定を表示するデスクレットです。Google Calendar から予定を引っ張ってくるのに gcalcli を使用します。設定画面からデスクレットの様々な項目を調節できます:
名称未設定

インストール


  1. gcalcli は端末から Google カレンダーにアクセスするための Python で書かれたコマンドラインツールです。Google Calendar デスクレットは内部でこれを使っているので、まずはこれをインストールします:
    sudo apt install -y gcalcli
  2. gcalcli を端末から実行します:
    gcalcli list
    初めてこのコマンドを実行した時、Google カレンダーにアクセスするためにブラウザーが立ち上がり、認証のページが開きます。アクセスを許可して下さい:
    範囲を選択_029
    範囲を選択_030

  3. 認証が完了すればこの表示が出ます:
    The authentication flow has completed.

  4. gcalcli が正常に動くかどうか見るために、端末で予定がある日を指定して実行してみて下さい。以下の例では 2018年8月11日 から 2018年9月30日 までの予定を表示します:
    gcalcli agenda "8/11/2018" "9/30/2018" --nostarted --tsv
    以下のように予定が表示されていれば問題ありません:
    2018-08-27	08:00	2018-08-27	09:00	後片付け
    2018-08-31 12:00 2018-08-31 13:00 レポートの締め切り
    2018-09-04 17:30 2018-09-04 18:30 面会 12:00〜
    2018-09-17 00:00 2018-09-18 00:00 Respect for the Aged Day
    2018-09-17 00:00 2018-09-18 00:00 敬老の日
    2018-09-23 00:00 2018-09-24 00:00 Autumn Equinox
    2018-09-23 00:00 2018-09-24 00:00 秋分の日
    2018-09-24 00:00 2018-09-25 00:00 Autumn Equinox observed
    2018-09-24 00:00 2018-09-25 00:00 秋分の日 振替休日


  5. Google Calendar デスクレットをデスクトップに追加します。追加するにはデスクトップを右クリック -> [ デスクレットを追加 ] -> [ Download ] タブをクリック -> [ Google Calendar ] のインストールボタン(下矢印)をクリック -> [ Mange ] タブ下で [ Google Calendar ] を選択し [ + ] をクリック:
    範囲を選択_032

  6. こんな感じに表示されます:
    範囲を選択_073

gcalcli の使い方


ところで、このデスクレットは表示をするだけで予定の追加・編集・削除は出来ません。そこで、端末から gcalcli を使って予定の追加・編集・削除の仕方を見ていきたいと思います。まずは ~/.gcalclirc を作成し:
xed ~/.gcalclirc
--defaultCalendar パラメーターを指定して保存します。xyz@gmail.com は自分のアドレスに変更して下さい:
--defaultCalendar=xyz@gmail.com

gcalcli はそれほどスマートではありません。一つしかアドレスを使ってなくてもそのアドレスを使えばいいとは判断しません。なのであえて指定してあげる必要が有ります。さもなければ以下のようなエラーを吐きます:
Must specify a single calendar

追加


追加するには add --prompt を使うのが一番簡単な方法です:
gcalcli add --prompt
これで Title は? Location は? と聞いてくるので、それぞれ入力すればいいだけです:
Title: 外出
Location: 東京
When: 2018/08/24 9:00
Duration (mins): 240
Description: 秋葉原〜
Enter a valid reminder or '.' to end: .

quick を使う方法も有ります:
gcalcli quick '10/31 9am ハロウィーン'

編集


編集するには検索っぽいことをしてヒットした予定について何を編集するかを指定した後、内容を書き換えてセーブするだけです:
gcalcli edit '会議'
2018-08-21   9:00午前  会議
Edit?
[N]o [s]ave [q]uit [t]itle [l]ocation [w]hen len[g]th [r]eminder [d]escr: t
Title: 勉強会

2018-08-21 9:00午前 勉強会
Edit?
[N]o [s]ave [q]uit [t]itle [l]ocation [w]hen len[g]th [r]eminder [d]escr: s
Saved!

削除


削除も編集と同様に検索っぽいことをした後、ヒットした予定について削除するかしないかを指定するだけです:
gcalcli delete '勉強会'
2018-08-21   9:00午前  勉強会
Delete? [N]o [y]es [q]uit: y
Deleted!
| Linux |
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 00:02
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle.
Since 2009.
Info 再開しました。更新日は月一です。

roadtoapython

roadtorubyist

git