Linux Mint 20 は 6 月リリース予定です。このバージョンから 32bit 未対応になります。
roadtoalinuxmintuser

theming

roundup
自作PC : 今、自分がパソコン自作するとしたらこういう構成で作る[2020年版] 00:05

テーマ:
  • 高耐久で(5年以上使い続ける)
  • コスパの良い(OS 無しで合計10万円前後)
  • ゲーミング PC としても使える(ただしフル HD で 60Hz 前提)サブマシン

CPU




自分が好んでプレイしている「Dead or Alive 6」であれば推奨 CPU は「Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz」、ベンチマークのスコアは「13395」。そして、Ryzen 4世代が登場しつつある今、型落ちである Ryzen 5 2600 のコスパが最高に良いです。ベンチマークスコアも「13296」なのでほぼクリア。シングルスレッドの性能はやはり劣るにしても総合的は良い感じです:


価格.com でもその人気ぶりが伺えます:


今、コロナウイルスの影響で工場が閉鎖し CPU の供給が滞る可能性を加味して自分は購入してしまいました。

VGA




GTX 1660 Super は GTX 1070 と GTX 1070Ti の間に位置するビデオカードです。コレくらいの性能があればどのゲームでもだいたいフル HD で FPS 60 以上だせます。4K は厳しいです。Dead or Alive 6 では GTX 1060 以上を推奨しているので同時配信などをしないなら問題なくプレイできます。レイトレーシング(RT)もディープラーニングスーパーサンプリング(DLSS) も未対応なのでこれらに対応しているゲームをプレイしようと考えているなら、一万円ほど高くなりますが、RTX 2060 SUPER が候補です:
RT 対応の主なゲームDLSS 対応の主なゲーム
  • Minecraft
  • Dying Light 2
  • Synced: Off-Planet
  • Assetto Corsa Competizione
  • Atomic Heart
  • Battlefield V
  • Call of Duty: Modern Warfare
  • Control
  • Cyberpunk 2077
  • Deliver Us The Moon
  • Enlisted
  • Justice
  • JX3
  • Mechwarrior V: Mercenaries
  • Metro Exodus
  • Project DH
  • Quake II
  • Shadow of the Tomb Raider
  • Stay in the Light
  • Vampire: The Masquerade – Bloodlines 2
  • Watch Dogs: Legion
  • Wolfenstein: Youngblood
  • ARK: Survival Evolved
  • Anthem
  • Atomic Heart
  • Battlefield V
  • Darksiders III
  • Dauntless
  • Deliver Us
  • Fear the Wolves
  • Final Fantasy XV
  • Fractured Lands
  • Hellblade: Senua’s Sacrifice
  • Hitman 2
  • Islands of Nyne: Battle Royale
  • Justice
  • JX3
  • Kinetik
  • Mechwarrior V: Mercenaries
  • Monster Hunter: World
  • Outpost Zero
  • Overkill’s The Walking Dead
  • PlayerUnknown’s Battlegrounds
  • Remnant from the Ashes
  • Scum
  • Serious Sam 4: Planet Badass
  • Shadow of the Tomb Raider
  • Stormdivers
  • The Forge Arena
  • Vampire: The Masquerade – Bloodlines 2
  • We Happy Few


マザーボード



B450 Pro4 はメモリースロットも 4 スロットを備え、64GB まで対応。最大 32Gbps の「Ultra M.2」やバックパネルには USB3.1 Gen2 対応の Type-A と Type-C ポートをデュアル搭載。ただし、Bluetooth や Wifi アダプターとしての機能は搭載されていないので別途トングルを買う必要があります。

メモリー




発売されてから日が浅いのにその安さから一気に人気になったメモリーです。以前メモリーが高騰して 1GB あたり 2000 円くらい払わないといけなかった時代が嘘のようです。メモリーはマザーボードとの相性問題があるので買う前に一応動作報告をネットで探してみるほうが良いでしょう。「Intel XMP2.0 サポート」などと記されていますが、Ryzen でも使えます。

ゲーム以外に、Google Chrome でタブは沢山開くと結構メモリー食っちゃういますし、動画配信なんかも同時でやってたりしてたら 16GB では物足りなくなってしまいます。今はメモリーやすいですし 32GB で。

SSD




読み出し 3,500MB/s 書き込み 3,300MB です。今では 5,000MB/s を謳う SSD もあるので、最速ではないにしても人気の一品です。3bit MLC、つまり TLC なので耐久性は SLC や 2bit MLC には劣りますが、5 年保証つきなのでそこそこの耐久性は見込めます。TBW は 300TB です。もし、こういうヒートシンク付きでない SSD を買うならヒートシンクも買いましょう。熱すると速度が落ちてしまいます。

電源ユニット




コンデンサは安心の日本ケミコン製に統一されており、7年保証で GOLD 認証を受けてながら 8000 円以下で買えるという比較的安価でコスパの良い製品です。もう少しお金を出せるのであれば「FOCUS GOLD SSR-550FM」も似た感じの電源ユニットですが、こちらはコンデンサが一次側、二次側、どちらも 105℃品が使われているのは確実です。NE550 GOLD は 105 ℃品が使われているかは不明です。

と、ここまでは今年 4 月入る前に書いた内容です。4 月以降、NE550 GOLD が値上がりしているので FOCUS GOLD SSR-550FM でも価格に大差ないくらいです。

PC ケース




今持っているのは ATX 対応のタワー型 PC ケース2つですが、Enermax Ostrog ADV ECA3380AS-BL が無駄に大きいなと思い、次に買ったのが、よりコンパクトな Fractal Design Define C なのでした。今後 ATX 規格のマザーボードをつける可能性がある可能性があると思い大きいのを買いましたが、にしてもこんなにでかいのはただ場所取るだけだなと反省した次第です。VGA や水冷などを取り付ける際にはでかいほうが良いだろうと思いましたが。。。ATX 規格のマザーボードに対応しつつコンパクトな PC ケースを探していたらコレにたどり着きました。ビデオカードはファンが 3 つあっても長さはだいたい 280mm 〜 320mm 前後です。この PC ケースの搭載可能なビデオカードの長さは 360mm なので基本的にどんなビデオカードでも搭載できます。

CPU クーラーの高さは 160mm までいけます。ヒートシンクとファンが二枚重ねになっているような大型のクーラーは無理ですが、「虎徹 Mark ll(高さ:154mm)」ならギリ大丈夫です。また、重量 3.83kg とめちゃくちゃ軽いです。

総括


ネット上で見つけた最安値(執筆時での記録):
CPU: 12,980
VGA: 27,360
MEM: 15,158
M/B: 12,738
SSD: 15,140
PSU: 7,675
PC Case: 6,669
Total: 97,720 円

あくまで、10 万前後に収めるために、こんな感じにしました。実際のところ、サブマシンを組み立てる場合、すでにあるメインマシンの GPU をお下がりで使うので、サブマシン用に新たに GPU を買うようなことはしないでしょう。メインで使うゲーム用途の PC のために GPU をもう少し奮発して 8 万以内で買える RTX 2080 Super を買い、今メインマシンに装着している GTX 1080Ti をサブに流用すると思います。ただし、まだ 1080Ti は現役バリバリで使えるので 2080 Super に手を出すようなことはしません。
<< NEW | TOP | OLD>>
スポンサーサイト 00:05
| - |

Show some apps list:


miku

Follow on your feed reader:


About this blog:

Linux Mint-centric chronicle with anime girls since 2009.Best View with Google Chrome 1980x1080 dimension.
Info 更新は不定期です。

script

LinuxMint ISO 日本ミラーサーバー:




Amazon: